出来ない事があったら

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

出来ない事があったら、
あなたは恥ずかしいと考えてしまいますか?

今日考えてもらいたい事は
出来ない事があると人は
その出来ない事を必死で隠そうとしたり、
その場から逃げ出そうとしたりする事について
考えてもらおうと思います。

なぜ人は出来ない事があると
恥ずかしいと思ってしまうと思いますか?

それは、現代の学校教育がそのように教えているのです。

学校では、全ての科目で優秀である人はとても褒められ、
1つの科目でも赤点をとると、落ちこぼれになってしまいます。

できない事がある=落ちこぼれ
となってしまう為に、
出来ないという事がとても恥ずかしい事だと
自然と思ってしまうようになるのです。

そんな環境で10数年も過ごすわけですので
普通の人はできない事があると
それを隠そうとしたり、誤魔化そうとしてしまうのです。

つまり、普通に学校教育を受けた人は
全ての事が自分で出来ないといけないと
学校教育を通して教え込まれてしまっているのです。

しかし、一度しっかりと考えてもらいたいのですが、
本当に「何でも」できる人って
全体の1%にも満たないのではないでしょうか?

例えば、勉強できるが、体育は普通以下とか、
美術は素晴らしいが、勉強は駄目だとか
どれもこれも100点を取れる人なんて
よほどの天才か、よほどの努力家でなければ
そのような事をするのは不可能でしょう。

ですので、あなたが何か出来ない事は
別におかしい事でもなんでもないのです。

出来ない事があって「普通」であり、
出来ない事がなければ逆に「異常」なのです。

多く人が「普通」になろうと頑張りますが、
実際には「異常」を目指してしまうために
生活がうまくいかなくなってしまうのです。

あなたは「異常」と「普通」どちらがよいですか?

もしも、異常を目指すのであれば、
人がしないような事をする必要があります。

異常な行動をしなければ「異常」になんて
なれるわけが無いのです。

つまり、出来ない事があることは普通のことであり、
別の悪いことでも何でもありません。

出来ない事から逃げる事よりも
出来る人に手伝ってもらえるようになる知識をつける事が
一番いいことなのです。

そして、あなたが出来ない事を出来る人達を集めて
あなたのチームを作り上げましょう。

そうすることであなたはどんな事でも出来るようになりますし、
誰よりも早く自分の好きな事で成功する事が出来るようになるでしょう。

本当に自分の好きな事で成功したいのであれば
出来ない事を認め、自分を助けてくれる人を
探して手伝ってもらえるようになりましょう。

それが成功への一番の近道になるのです。
夢を叶える為に頑張っていきましょう!

NEXT→ 一日の時間の使い方

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

目の前の人を幸せにすることは、世界中の人を幸せにすることにつながる。
夢が見つからないときは目の前の人を幸せにする方法を考えよう!
メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事