幸せになれない本当の理由

みなさんこんにちは。
常日頃から幸せなやる気プロデューサーの上田洋輔です。

幸せなことはいいコトなのですが、人前で幸せ、幸せと言っていると、世の中には不幸な人が多いので、頭がおかしな人に思われがちなので要注意です。

さて、あなたは幸せになりたいですか? 幸せになりたいなら幸せになるための『努力はしないでください』 努力をするから幸せになれないのです。こんな話をしたらあなたはどう思いますか?

努力するほど幸せになれない?

「そんなはずはない! 幸せになるには努力しなきゃダメだ!」

強く反発する気持ちが生まれたかもしれませんが、少し話を聞いて下さい。

なぜ、努力すると幸せになれないのでしょうか。多くの人が幸せになろうと必死になって努力をしています。でも、悲しい話ですが、幸せを感じている人はあまりいません。常になにかに不満を持ち、もっと頑張らなければ幸せになれないと思っているのです。

その証拠に、あなた自身も『努力をしないでください』と先ほど言った言葉に反発を覚えてしまったはずです。それは努力しなければ幸せになれないと思い込んでいるからなのです。人は知らず知らずのうちに、幸せになるためには努力を惜しんではいけないと植え込まれています。努力しないと幸せになれないとみんなが思い込んでいるのです。

努力はいけないこと?

幸せになりたいなら、努力が必要と言いますが、幸せになりたくない人なんているのでしょうか。逆に不幸になるために努力している人もいません。でも、幸せを感じていない人がたくさんいるのであれば、努力と幸せには何の関係もないコトになります。

むしろ、頑張っているから幸せになれないと暴論を吐くことさえ出来るのです。それほどに幸せになるために、努力を重ね、不幸せなまま人生を過ごしている人が多くいるのです。

今、幸せでなければ、多く人は『幸せになるためにもっと頑張ろう!』と言うでしょう。例えば、勉強。良い大学へ入り、良い会社に入る。それで幸せになれるなら、良い会社の従業員はみんな幸せと言うコトになりますよね。でも、実際にはそう言う一般的に大手企業に入っても、自分が幸せだと胸を張って言える人は少ないはずです。

出世が見えないとか、派閥争いとか、大手企業独自の悩みがそこに転がっています。つまり、良い会社に入っても必ずしも幸せになれるわけではありませんよね。

良い会社で高収入を得ても、幸せになれないのであれば、幸せになるのにお金も関係ありません。大手企業は一般的に考えれば高収入に恵まれています。でも、人間の欲には制限がありません。収入が増えてもお金がないと言う問題を抱えている人は、どれだけ高収入を得てもお金がないと、一生涯苦労してしまうのです。

「貯金が一杯あるので給料もらわなくても良いです」こんなコトを言う従業員に私は出会ったことがありません。仮にそう本気で思っているなら、会社を辞めて遊んで暮らすことを選ぶはずですから……

それよりも高収入でありながら、もっともっと給料が欲しいと守銭奴のよう騒ぐ人間が大半です。天下り問題とかあの辺りをざっと見ただけでも人間の欲深さが垣間見れますよね。

お金を腐るほど持っていても、まだ足りないともっと集める努力を始めるのです。

条件を満たさないと幸せになれない

良い会社に入っても、高収入でも幸せになれるとは限らない。であれば、幸せになるための大抵の努力は無駄になります。学校の勉強なんて社会にでて使える要素なんてほとんどありません。

ただ『学歴』という最高の資格を得るために嫌々やっているに過ぎないのです。そのために、青春時代の多くを棒に振って、ようやく得た学歴。その努力は計り知れないと思います。そこまで努力しても幸せになれないのであれば、努力しても幸せにはなれないのだと諦めてしまった方が賢明です。

だって、人生で一番楽しい10代を棒にふり、今後老いていくだけの人生で、それ以上の努力をするなんて正気の沙汰ではありません。考え方が間違えていると冷静に幸せについて考え直すべきなのです。

ハッキリ言っておきます。幸せと努力には何の因果関係もありません。

努力すると幸せになれない理由

ここまで話したので、努力すると幸せになれない理由がなんとなくわかった人もいるでしょう。そう、幸せになるための努力が辛いことであったら、それは幸せとは真逆の行動をしているのです。

裸足でガラスの上を歩けばケガをするように、やりたくない努力をして楽しくもありませんし、幸せを感じるはずもありません。

青春を棒に振って大手企業に入社して、それでも幸せになれない人がたくさんいると常に覚えておきましょう。幸せは努力の先にあるのではなく、いつも身近なところに転がっているのです。

幸せになりたいならやりたいコトを今すぐにやる

極論を言うなら、そういうコトです。お腹が空いてどうしようもないときに、何かを腹に入れれば美味しく感じます。どんな名店の料理よりも美味しく感じるのです。そして、それは確実に幸せな気分にしてくれるでしょう。

わかりますか? お腹を空かせてご飯を食べるだけでも幸せを感じられるのです。必死になって努力しても得られなかった幸せがこんなに簡単に手に入るのです。小さな幸せだから?

いえ、大きな幸せだって、すぐに感じられます。あなたが今一番やりたいコトはなんですか? それを今すぐに出来たらどれだけ幸せでしょうか? 

もしも、あまり幸せを感じないと思うのであれば、もっとやりたいコトがあるはずです。努力をする前にやりたいことをやりましょう。その方が圧倒的に気分が良いですし、幸せも感じやすくなります。

晴れた日に風に吹かれながら木陰で居眠り。そんなことだって幸せを感じられるはずです。幸せになるのなんて努力するほどのコトでもありませんし、難しくもありません。

何かをしなければ幸せになれないと強迫観念に襲われているから、いつまで経っても幸せになれないのです。

まとめ

  • 努力と幸せには何の関係もない
  • 頑張るから幸せになれるのではなく、幸せを見つけるから幸せになれる
  • 幸せは努力の先にあるのではない。身近なところに転がっている

やりたくないけど、幸せになるために無理にでもやらなきゃいけない。そういう考え方があなたを不幸にしています。どんなに努力しても幸せにはなれないのだから、努力と幸せになることは分けて考えましょう。

あなたは十分頑張っています。これ以上頑張って幸せになろうと思うのではなく、一度、振り返り今あるもので幸せを実感してみましょう。もっともっと、幸せに近づけるはずです。

幸せを実感した上で、それでも目指すものがあるのであれば、それから頑張っていきましょう。努力と幸せは等価交換ではありません。別々に存在しているのです。幸せを感じながら、夢を実現できるように楽しく頑張っていきましょう!

今すぐ幸せになれるほどやりたいことがないという方はおそらく夢が見つかっていないのだと思います。夢は自分を幸せにしますし、毎日に活力を与えてくれます。『夢を見つける方法』をぜひ読んでみてください。

きっとあなただけの本当の夢が見つかるはずです。1日でも早く夢を見つけられることを願っています!

NEXT→ 失敗に立ち向かう

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

その人と会うのがこれで最後だとしたら、それでも喧嘩をしたいですか?
笑顔で話をしていい思い出を作っておこう。
本当に会えなくなるかもしれないのです! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事