やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

5つのステップで誰でも簡単にストレス解消できる方法

やる気プロデューサーの上田洋輔です。
今日も悩みを解決していきます!

相談者

悩んでいる人

毎日ストレスばかりで死にたくなってくる。誰にでもできる簡単なストレス解消方法はありますか?

ストレスはやっかいなもので、扱いを間違えると「病気」にもなりますし、放っておいたら「自殺」のきっかけにもなりかねません。恐いストレスからおさらばして、面白おかしく過ごしたいというのは、生物すべての願いですよね。

今回はストレスでお悩みの人の為に、誰でもできる簡単な5ステップのストレス解消方法をご紹介します。ストレスで病んでしまいたくない人は、ぜひ読んでいってくださいね!

ストレスを解消する5つのステップ

まずは以下のステップで、自分が今抱えているストレスに対して考えてみてください。できれば紙に書いて見ることをおすすめします。

    ストレスチェックシート

  1. あなたが強いストレスを感じたことを書いてください。(言われた、された、など)
  2. 1をされたときに、あなたはどんな気持ちになりましたか? いくつかの気持ちがある場合はすべて書きだしてください。怒り80%、悲しみ20%、などグラフでも可
  3. あなたは相手にどう思われていると思いますか?
  4. 相手があなたを傷つけるためにやった(言った)と、誰もが思う客観的な証拠を書いてください。
  5. あなたの証拠を相手が否定するとしたら、それはどんな理由ですか?思いつく限り、最高の理由を考えてみてください。

例を挙げると
1.異性にバカ、ブスと言われた→2.傷ついた→3.嫌われている→4.いつも嫌がることをしてくる→5.自分に興味を持って欲しくて、ひどいコトをしていただけ。

ちょっと、なんですか、これ。ひどい文句を言われたとして、少女マンガによくある胸キュンなシチュエーションに早変わりです。

やってみるとわかりますが、最後の4と5が超重要で、相手への感情が一変します。1~3までは、あなたの主観的な感情だけで書けますが、4と5は客観的な視点が必要です。

そして、客観的に相手の気持ちを考えると、多くの場合は「あなたが相手の感情を勝手に決めつけた結果」になります。「誤解」というヤツですね。

相手を憎む気持ちが減ると、ストレスも不思議と感じなくなっていきます。これは嫌いな人に「バカ」と言われるとマジで怒るけど、好きな人に「バカ」と言われたら笑えるし、ちょっと嬉しい心境と同じです。

要するに、嫌いな人にムカつくことをされたから、ストレスになっているだけにすぎません。あなたが相手を認めてあげられたら、ストレスはなくなるのです。

メチャクチャ怒りを感じることでも、ストレスをなくせる方法ですから、かなり使えますよ。ストレスを感じたら5つのステップで相手の気持ちを理解して、怒りを吹き飛ばしていきましょう!

ストレスのほとんどは自分で作り出した妄想

ここまでの話を聞いて、もしかしたら「恋愛脳」で考えろと言われたと思ったかも知れません。誤解があるかも知れませんので、もう少し詳しく説明しますね。

ストレスの多くは自分で作り出した妄想だというはご存じでしょうか?

相談者

悩んでいる人

いやいやいや、上田さん。文句言われたり、バカにされたり、足を引っ張られたり、具体的な被害を受けてきました。それをすべて被害妄想だと言い切るのは、さすがにおかしいですよね?

そんなことはありません。実は言い切れます。なぜなら、あなた自身が相手からひどいことをされたと思い込んでいるからです。

「なんで僕を嫌っているんですか? 理由を教えてください」と相手に意思確認はしましたか? していませんよね。だから、思い込みなのです。

最初にわかって欲しいのは、人は大した悪意もなくその場の流れだけでひどいこともします。逆に良いこともしますので、その事に問題はありませんよね。たまたま悪いことがあなたになっただけです。

なので、多くの場合は、意思確認したら「そんなつもりはない」ということになります。ウソだと思うなら、実際に聞いてみましょう。

実際に悪意があった場合もあるかもしれませんが、大体のストレスは思い込みだったと気がつくはずです。

まあ、中には相手が上司や先輩など、真意を聞きづらい相手というのも存在しますよね。

「部長、僕のことがキライだから、嫌味なことばかり言うんですか?」

こんなことを言ってしまったら、翌日から部長と目を合わせられません。ということで、相手との関係が遠いと人はどうしても、相手の感情を想像してます。

そして、大体、悪い方に考えてしまうのです。

確認すれば全く違う答えかもしれないのに、聞きづらいということで、関係性が悪化していないでしょうか。

真意を聞きづらい相手の場合は?

聞きづらい相手に聞こうとするのも難しい話で、それ自体がストレスになりかねません。ということで、無理なものは無理だと諦めてしまいましょう。

でも、相手の気持ちを勝手に想像するのはやめてください。なぜなら、人は自分が思っているほど、相手の気持ちをわかっていないからです。

「え? 私、察する力が超強くて、すぐに感情を見抜けるんだけど?」

こんな人もいるかも知れません。というか、多くの人が自分をそうだと思っています。目は口以上にモノを言うということわざもあるくらい、顔を見ていれば人の考えはわかると思いがちです。

でも、それって本当でしょうか?

というのも、恋愛ドラマってありますよね。あれって、俳優さんたちが愛し合う二人を演じているのですが、目を見るだけで本当に愛し合っているのが伝わってきますか?

伝わってきませんよね。セリフや行動があって、愛し合っていると思うはずです。実際に多くの女性は「好き」と言葉にして欲しいと言います。「目を見てれば、なんとなく好きなことくらいわかるだろ?」じゃ、ダメなのです。

つまり、相手の考えなんて見るだけじゃわかりませんし、安心もしません。言葉にしてもらってはじめて理解できるようになるわけです。

口にしたことはすべて真実なのか?

残念なコトですが、言葉は常に100%真実ではありません。

どんなにウソを言いたくない人でも、ブスな人に「ブス」とは言わないでしょう。ブスにブスと言ったら戦争が始まります。多くの場合、私たちは「可愛い」とウソをついて、穏便に済ませようとするのです。

言葉も態度も隠そうと思えばいくらでも隠せます。言葉も真実を告げているとは限らないのです。褒めている言葉もウソなら、貶している言葉だってウソの可能性がありますよね。

「もう何を信じたら良いのか、まったくわからん!」とここまでの話を読んで、そう思ったかも知れません。

その通り。

他人の考えなんて、わかった気がするだけで、実際にはわかりません。考えるだけ時間の無駄なのです。

嫌われている気がするのは気にしているから

告白されるまでは、なんとも思ってなかったのに、告白された日から違う印象を抱くようになった人いませんか? これは相手を気にして見るようになるからです。告白されたことがなければ、会話をするようになった相手でも構いません。絶対に話す前とは、違う印象になっているはずです。

ここで分かって欲しいことは、恋愛感情を持たれていても、自分が気にしていないような相手だったら、全然気がつきませんし、意識もしません。意識するからこそ、「好き」「嫌い」と相手を評価するのです。

違うと思うなら、毎日通勤・通学で出会う人が何人いるのか、考えてみてください。大体の人数しかわかりませんよね? 撮影して数えなければ、正確な人数なんて出せるはずがありません。

記憶に全く残っていない人は気持ちなんて想像もできませんので、ストレスの原因にはなりませんよね。

誰に対してストレスの感じるのは、あなたが意識しているからというのはわかっていただけましたでしょうか。

つまり、ストレスを感じたくないなら、相手を気にしないのが一番なのです。どうにもならない人はできるだけ、気にしないようにしていきましょう。

それでも消えない大きなストレスの場合は?

小手先、口先だけですべてのストレスが消えるわけではありません。なぜなら、あなたは普通に生きていきたいだけなのに、周りが放っておかないからです。

わかりやすく例を挙げると、やばい病気になったり、事故に遭ったり、誰かが死んだり、災害に巻きこまれたりと避けられない、変えられない事象もたくさんありますよね。

どうしようもない大きな力を受けてしまったとき、「5つのステップ」をやっても多分、気休めにもならないでしょう。気持ちはよくわかります。

もしも、そんな悩みを抱えてしまったら、次の4ステップを試してみてください。

  1. 何があったのかを書き出す。
  2. 自分がどんな気持ちなのかを書き出す。
  3. 書き出した紙は机の中にでもしまって今までと同じ生活をする。
  4. 自分で大丈夫だと思えるまでずっと同じ生活を繰り返す。

これができれば、辛い悲しみで心が病むことなく、いつか元の生活に戻れるようになります。

「はあ?現実逃避しろって言ってるんですか?」と怒られてしまいそうですが、ここで大事なことは、現実逃避をしても構わないということです。

自分の力ではどうしようもないトラブルに巻きこまれたときは、考えるだけ意味がありませんよね。だって、自分の力ではどうしようもないのですから……

なので、現実逃避はあなたの心をストレスから守るために必要なことなのです。

どうしようもないストレスなら現実逃避すればいい

受験に失敗して死ぬ学生がいます。それはなぜでしょうか? 「そんなのは受験に落ちたからに決まってるだろ!」と答えるかも知れません。でも、その答えだと50点です。

受験に失敗しても、人生は終わりませんし、殺し屋がやって来ることもありませんし、親に首をくくられるわけでもありません。

本人が勝手に「人生は終わった」「もうダメだ」と思い込み、強いストレスで死を選ぶしかなかっただけなのです。

でも、もしも、そんな人に今回紹介した4つのステップを試してもらったらどうでしょうか? 同じ生活を繰り返しているうちに、受験に失敗したことを受け入れ、新しい人生の目標だって見つかったかも知れませんよね。だから、現実逃避も重要なのです。

5つのステップで誰でも簡単にストレス解消できる方法のまとめ

5つのステップで誰でも簡単にストレス解消できる方法はいかがだったでしょうか。

多くのストレスの原因が、あなた自身の内面の問題です。そして、それ以外のものに関しては気にするだけ意味がないという話でした。

二度と這い上がってこられない穴の底に落ちてしまうくらいなら、現実逃避してでも自分の心を守ってください。きっと、人生の転機はまたやってきます。

受験に失敗した人は、その後どんなに努力しても100%失敗するという科学的なデータはありますか? ありませんよね。

だったら、あなたの悩みも状況も同じです。どんなに辛い状況にあったとしても、改善する一手が必ず出てきます。それが出てくるまで自分の心を守りながら、死という最悪な結末を選ばないように生活していきましょう。

あなたの人生はこれからきっとよくなる。頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:自己啓発

今日のやる気が出る話

出来ない事なのか、やりたくない事なのか、諦める理由は人それぞれ
やりたくない事じゃないなら、方法を変えてもう一度頑張ってみよう!