やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

【運動不要】食生活を見直すだけで3ヶ月で20キロ以上のダイエットに成功した方法を大紹介!

皆さんこんにちは。
最近体重が大きく減っている、やる気プロデューサーの上田洋輔です。

ちょっと聞いて下さい。四月から体重が20キロほど、落ちました。90キロくらいあったのが、今では70キロ以下です。「大きな病気でも患ったの?」と心配されそうですが、大丈夫。そんなことはありません。

少し考え方を変えただけで、たったの3ヶ月で20キロものダイエットに成功したのです。もちろん、運動なんて全くしていません。食生活を改めただけなのです。

今回は、体重が増えて困っている人の為、僕なりの情報をお伝えしたいと思います。ちょっとでも痩せたいと思うなら、ぜひ読んでいってくださいね!

肥満で苦しんでいるのは、勘違いしているから

最初に質問です。

「あなたが太ったのは、身体に悪いものをたくさん食べたからですか?」

おそらく多くの人がイエスと答えたことでしょう。でも、正解はノーです。太った本当の理由は「身体に良いものをたくさん食べたから」なのです。

「はあ? なに言ってんの? 身体に良いものを食べたら痩せるのよ?」と思うかも知れません。運動しなかったからとか、食べたものが悪かったとか、太った理由を、別のものに置き換えて考えてしまいたくなります。

でも、あなたが太ったのは、紛れもなく、身体に良いもの食べ続けたからです。この勘違いを改めない限り、これからも痩せるのは不可能なのです。

身体に良いものとは?

単純に言えば、身体に良いものとは、食べて美味しいと感じるものです。こんな話をすると、栄養学を無視した暴論だと鼻息を荒らげ叫ぶ人もいます。あなたも同じように思うなら、少し考えてみてください。

そもそも、栄養学って本当に正しいのでしょうか?

そもそも栄養学がウソ

何をバカなコト……と鼻で笑う人は、残念ですが、誰かの意見に流されているにすぎません。おそらく、専門家とか、有名人とか、メディアとか、本とか、そう言ったものから得た情報だから、真実だと素直に思い込んだのでしょう。

しかし、残念なコトにそれらの人たちは、あなたに「真実を伝える」のが仕事ではありません。自分を豊かにしてくれるスポンサーたちが得をする情報を、大衆に広めるのが仕事なのです。

「ええ! なにそれ……なんてひどい奴らだ!!!!」と憤慨するかも知れませんが、別に彼らが特別ひどい人間ではありません。むしろ、普通の人なのです。

あなたが仮に有名ブロガーやyoutuberだったとして、大手企業から100万あげるから、○○が素晴らしいと紹介してと頼まれたら……ダメなものでも素晴らしいと、紹介しますよね? そういう事です。

もしも、あなたが「超善人」で断固拒否したとしても、同じくらいの知名度の人に、宣伝の話が回るだけですので、あなたの頑張りは意味をなしません。結局誰かが、お金の魅力に負けて、いいと思っていないものをいいものだと紹介するのですから……

専門家とか、有名人とか、メディアとか、本の著者とかも、全く同じ構造になっています。現代社会の闇である、忖度(そんたく)というヤツですね。すべての情報がそうだとは言いませんが、忖度された誰に都合のいい情報も含んでいる可能性があることは、頭の片隅に置いておきましょう。

バランスの良い食事がウソ

さて、栄養学に話を戻すと、栄養学だって同じです。「色々な食品をバランス良く」を主軸にビタミンだ、ミネラルだ、食物繊維だ、と重要なものがたくさん出てきます。何を摂ればいいのかわからなくなりますよね。

それもそのはずです。各社スポンサーが自分たちの商品を売ろうと、色々な人たちにウソの情報を流させて、こんな状況になっています。何が大事かなんてもはや、誰にもわからないでしょう。

でも、たった1つだけ指針があります。それはあなたがそれを食べて「美味しい」と思うかどうか、ということです。

身体に良いものとは美味しいと感じるもの

難しく考えることはありません。美味しいと感じるのは、イコール、身体が欲しているからです。お腹が空いているときは、何を食べても美味しく感じますよね。喉が渇いていたら、水がバカみたいに美味しく感じますよね。

身体が必要としているから、美味しく感じると置き換えて考えるとわかりやすいですよね。つまり、美味しいと感じるものだけ食べていれば、栄養的に十分なのです。

そもそも、同じものを食べ続けたらダメだというのは、忖度の結果から生まれた思い込みに過ぎません。人間以外のすべての生物が、ほとんど同じものを食べて、健康に一生を終えているのです。

どうして、人間だけがバランスよく食べないと「不健康」になるのでしょうか。ちょっと考えればわかりますよね。

山のものと海のものを食べるなんて、車や飛行機など流通がしっかりしているからできる事であって、普通は無理です。できると思うなら、「群馬」「栃木」「山梨」などの海のないところに住んで、毎日海まで歩いてみてくださいね。バランス良く食べるというのが、どれだけ頭のおかしいことを言っているのかわかるはずです。

車とかがない時代から人類の歴史が続いているなら、近くにあるものだけを食べていれば十分と、納得できるでしょう。

つまり、バランス良く食べなくても、健康でいられるのは、ごくごく当然なことなのです。

身体に良いものを食べるから太る

ここまでの話はなんとなくわかったと思いますが、だったら、「ケーキ大好きでめっちゃ美味しく感じる人は、ケーキばかり食べていいのか?」という疑問が出てくるはずです。

栄養という面では問題ありません。その証拠にケーキばかり食べていたら「太って」いきますよね。太るというのは、身体に栄養が行き届き、余った分を脂肪として「貯蓄」しているのです。

ほら、栄養は十分すぎるほど集まっていますよね。

「太ったら不健康じゃん」と鼻で笑うかも知れません。でも、そこが大きく誤解しているところなのです。

そもそも、太ったらダメというのは、「簡単に太れる現代だからこその問題」に過ぎません。事実、食べるものがないほど生活が貧しい国では、太っている方がモテます。なぜなら、太れるほど食生活が充実しているからですね。

つまり、生活環境が違えば、モテる人の基準も変わるし、肥満に対するイメージも変わるというわけです。歩けないほど太っているなら、さすがに脂肪をため込みすぎだとは思いますが……不健康かどうかと、太っているということに因果関係はありません。

身体に悪いものを食べても痩せない

『身体が求めているもの=身体に良いもの=太るもの』までわかったら、次に出る疑問が、「だったら、身体に悪いものを食べたら、痩せるのか?」でしょう。

最初にハッキリと言っておきますね。それはノーです。身体に悪いものは、基本的に食べてはいけません。なぜなら、それは「毒」だからです。

例えば、ヒ素。少量口にしても死にませんが、蓄積していくと身体に重大な異常がでて死に至ります。これが身体に悪いものです。もしかしたら、ヒ素のような身体に悪いものを摂取しづけていたら痩せるのかもしれませんが、試す気にもなりません。だって、死にたくないですから……

ここまで話したら、気がついたことがありますよね。身体に良いものの反対が身体に悪いものじゃないということに。

そうなのです。今回の話でここが重要なポイントです。

今回の重要なポイント

多くの人が、太るものは身体に悪いものだし、痩せるものは身体にいいものだと思わされています。その結果、美味しいと感じるものが悪者となり、必要でもない栄養を無理やり摂らされている状態にあるのです。

本当は、身体に良いものだから太るのであって、決して身体に悪いものを食べているわけではないと言うことです。

ここを理解すると、1つの結論が見えてきます。

『美味しいと思うものを食べている限り、これからも太り続ける』

恐っ! マジで恐い話ですね! 僕もここに至った瞬間、鳥肌が立ちました。「それじゃあ、もう私はおいしい物が食べられないの……?」と、不安になる人もいるでしょう。

でも、安心してください。食べる量を減らせばいいだけです。人間の身体は優秀で摂取量に対して、余った分を脂肪に造り替えています。つまり、摂取量が少なければ、脂肪を作る余裕もないわけです。簡単な話ですよね。

「ケーキを毎日3個から、2個に減らすとか無理!」と思う人は、今後も肥満と闘う必要があります。だって、あなた自身が望んで身体に良いものを摂取し続けているのですから、太るのは当然です。

みんなに人気がある食べ物は絶対に身体にいい

痩せたいと思うなら、食べるものを意識する必要があります。その中でまず気にして欲しいのが、みんなに人気ある食べ物かどうかということです。

みんなが美味しいと感じる、イコール、みんなの身体が欲している食べ物だと導けますよね。つまり、太る食べ物です。

ですので、痩せたいなら、人気のある食べ物を排除するのが一番です。みんなが美味しいという食べ物には法則性があって、たいていの場合、「白い三悪魔」が使われています。

排除すべきは白い三悪魔

「白い三悪魔?」……なんか、急に恐い名前が出てきましたね。これは「砂糖、小麦粉、お米」のことです。こいつらはめっちゃ身体に良く、おいしさを倍増させます。ヤバい奴らです。

身体にいいなら、天使と言ってもいいかも知れませんが、痩せたいのですから、それを邪魔する悪魔だと考えておきましょう。

「ケーキ」には、砂糖と小麦粉が使われていますし、「カレーライス」には、お米と小麦粉が使われています。おそらく、あなたが好きなもののほぼすべてに、この白い三悪魔が使われていることでしょう。しかも、中毒性もあります。

なんとなく、ピザが食べたくなったり、パスタを頬張りたくなったり、カツ丼を腹一杯食べたくなりますよね。油断するとすぐに身体が求めますので、注意してください。

食べるものは大きく減りますが、この白い三悪魔を排除することができれば、あなたの身体は絶対に痩せていきます。

冒頭でもお話ししたように、僕自身が何の運動もせずに、三悪魔を排除する食生活を変えただけで、3ヶ月ほどで20キロ以上痩せたのですから、間違いありません。

痩せたいなら考え方を変えよう

健康という面では、生活に支障がなければ、好きなものを好きなだけ食べていて問題ありません。でも、痩せたいと思うなら、人気のある美味しい食べ物は極力控えるべきです。

あなたが太り続けているのは、身体に良いものを食べて、脂肪を作らせているからなのです。

「もう二度とおいしい物が食べられないの……?」と心配になる人に、最後の一押しをしますね。白い三悪魔を使っていないものでも、探せばおいしい物はたくさんあります。

特にお水。これは身体にいい上に、どれだけ飲んでも脂肪にはなりません。もしも、脂肪になるなら、水だけで生活できることになりますね。水が美味しいと感じなくなる限界まで美味しさを堪能して下さい。毎日、美味しいと十分感じられるはずです。

そろそろ、自分を甘やかすのはやめてみませんか。食生活を変えなければ、絶対に痩せません。なぜなら、その身体を作っているのが、今の食生活だからです。

ほんの少し意識を変えるだけです。決して難しくはありません。痩せたいなら、自分が食べるものに、気を使っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:ダイエット

今日のやる気が出る話

「これでいいや」ではなく「これしかない」を目指して仕事をする
妥協をする癖をつけない事が成功する第一歩なのです!