どんなに記事を書いても売れない人必見! ブログで物を売るために必要なテクニックを惜しげなく紹介します!

ブログでアフィリエイトをはじめてみたけど、さっぱり売れない。自分って才能ないのかな。ブログで売るのは難しい。そんなことで悩んでいませんか? 安心してください。それはあなただけではありません。多くの人がブログで稼ごうとして、数百円程度でやめているのです。

この記事ではブログで物を売るために大事なマインドを紹介していきます。ブログで売るためのノウハウ本や記事はたくさんありますが、それを読んでも多くの人は稼げません。なぜなら、もっと大事なマインドの最初の部分が欠けているからです。

売れている人たちはみんなこのマインドを持っています。でも、それがなんなのかわかりません。答えを知ったら、当たり前すぎて馬鹿馬鹿しいと思う人もいるでしょう。そのマインドがなにか、あなたはわかりますか?

答えを言いますね。それは何があっても「絶対この記事で売ろう」という強い決意と目的意識です。

あ、やっぱり「当たり前」と思いました? 当然のことですよね。でも、売れていない人はこの意識が弱いのです。意識だけでそんなに変わるの? そう思う人もいるでしょう。では、記事を書くときのマインド(考え方)がどれくらい文章に影響するのかを解説していきますね。

記事を書くときの目的意識

ブログで売る方法なんて言うと、小手先のテクニックを想像するかも知れません。確かに、セールスライティングというくらいですから、文章を書くテクニックも相当重要です。でも、考え方が間違っていると、どんなに優秀なテクニックを覚えても、売れるようになりません。仮に売れたとしても、単発的で長くは続かないでしょう。

というわけで、まずは考え方を改める必要があります。急がば回れ、です。

ブログで売れている人もたくさんいるのに、どうしてあなたのブログでは物が売れないと思っていますか? 文章が下手だから? まあ、そうですが、売れる人の文章が必ずしもうまいわけでもありません。売れるブログとそうじゃないブログ、その違いは目的意識をどれだけ持っているかということだけです。

あなたがブログを書くときに、どんなことを考えながら書きますか? ブログからほとんど売り上げが出ていないのなら、おそらく書いている内容は「あなた自身が書きたいこと」になっているのではないでしょうか?

最初にハッキリ言っておきますが、文章は書いた人の目的が伝わるようにできています。あなたが「好きなことを書いた」なら、それを読んだ人は、あなたがそれについて好きなことが理解出来たはずです。つまり、あなたの文章は成功しているのです。

「好きなことを好きな様に書いた」=「相手に好きなことが伝わった」間違っていませんよね。実に目的通りです。

ここで分かっていただきたいのは、あなたの文章が下手だから売れなかったのでありません。「売る」という目的で書いていないから、売れていないだけなのです。「売るための文章を書く」当たり前すぎることですが、多くの人が勘違いしていることでもあります。

ブログのアクセスが増えない本当の理由は?

アクセスを集めるというのも同じです。よく良い記事を書き続ければ訪問者は自然と増えていくと言います。確かにそれもあるでしょう。でも、それがすべてではありません。

アクセス数の多くが、Googleなどのサーチエンジンからのアクセスが主流になっています。つまり、どれだけ良い記事を書いても、そもそもGoogleに引っかからなければ誰も来てくれないのです

どんなに飾った言葉を並べようとも、この事実は忘れないでください。そこから目を背けてしまうと、自分の記事では人が集まってくれないとか、誰も興味を持ってくれないとか、自信をなくす考えが出てきます。まずい傾向です。アクセスがないからと言って、気持ちまで後ろ向きになる必要はありません。

では、Googleなどのサーチエンジンによってアクセス数が大きく変わると分かってもらった上で、どうすれば良いのでしょうか? とおそらく多くの人が考えるはずです。

答えから言いますね。アクセス数を伸ばしたいなら、アクセスが伸びる記事を書きましょう。

アクセス数を増やす記事

人気芸能人の悪口をあえて書いてみたり、ヤバいことをしてバズらせて炎上させても良いし、Twitterで叩かれまくっても良いのです。とにかく話題性を出していけば、自然とアクセス数は増えます。悪い記事を書いたとしても、話題性さえあれば人気のブログになるのです。

あなたのブログにアクセスが集まらないのは、すべてあなたがアクセスを伸ばすために最大限の努力をしていないからです。良い記事を書き続ける、天才なら努力でどうにかできるかも知れません。でも、普通の人は毎回良い記事なんて無理ですよね。下手をすれば1つの記事すら怪しいです。

良い記事を書くのが難しいなら、話題性のあることを探してください。Yahoo!のトップページを眺めるだけでもいくつか見つかります。書きたいことが決まったら、読者を怒らせたり、笑わせたり、気持ちを揺さぶる記事にしていきましょう。上手に文章を書く必要はないのです。

文章が下手でもうまく読者の気持ちを揺さぶれたら、後は勝手に広がってくれます。ただし、アクセスが伸びたからといって、単純に売り上げが増すわけではありません。そこの因果関係をもっと詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

ブログのアクセス数と売り上げは関係ない。正しい目安を知ろう【収入なし】

これを読めばアクセスがどんなに増えても、稼げないサイトでは絶対に稼げないことがわかってもらえるはずです。ここまで聞いて、ブログで物が売れるようになる話から、脱線したかのように思われた方もいるかも知れません。

でも、これも最初に話したことと同じで、記事を書くときの目的意識が重要だと言う話に繋がります。あなたのブログでアクセス数が稼げないのは「アクセスを増やすための記事を書いていない」からです。売り上げが上がらないのは「売ろうとしてない」からです。同じですよね。ブログを書くときの目的を持つことの重要性は分かっていただけたでしょうか?

あなたが今後、記事を書くとき、どんな結果になって欲しいのかを最初に明確にしておいてください。その意識が記事を大きく変えていくのです。

記事を書くとき望む結果を意識する

ブログで物が売れるようになって欲しいと考えながら、自分の好きなことを好きなだけ書いても決して売れるようにはなりません。ブログで物を売りたいなら、好きなことを封印して売るための記事にするべきです。もしも、好きなことを書きたいだけなら、売れるようになることを期待しないようにしましょう。

さもないとあなた自身で文章に力がないと自分を貶めてしまうだけです。

ブログで記事を書くだけで、物が売れるようになりたいですか?
イエスという人だけ続きを読んで下さい。

売るためなら書きたくないことも書く覚悟がいる

物が売れる記事を書きたいなら、相手が買いたくなる文章を書かなければいけません。当然、中には書きたくない言葉もあるでしょうし、ウソだって含むかもしれません。相手を嫌な気持ちにさせる場合もあるでしょう。

相手から嫌われてでも、物を買ってもらう為の文章を書く覚悟はありますか?

物を買ってもらう為に書く文章ですので、相手が「クソつまらない記事」と思っても、買ってくれれば成功なのです。例を上げるとコロナ対策アイテム、うさん臭いと思っても、コロナが心配なら買うしかないですよね。これが売るために書かれた記事です。面白さなんてまったくなくても構いません。

良いものを紹介したいなら、相手が「イイモノだ」と思えば、成功です。でも、だからって必ず買うわけじゃないですよね。そして、良いものを紹介しているだけですので、記事の売る力も弱くなります。記事を書いて稼げるようになるためには、良いと思わせることよりも「欲しい」と思わせることが重要です。

そのために扱う商品には気をつけてください。自分が買いたくもない物を無理やり売るために記事を書くと、売れても売れなくても嫌な思いをします。売る商品を決めるときは買った人が喜んでくれる物を探したいところです。そのためにはアフィリエイトを扱っているASPサイトは複数登録しておきましょう。

たくさんの案件から探せば、無理して書きたくもない商品を扱わずにすみます。定番のASPをいくつかピックアップしました。有名どころばかりなので、すでにすべて登録されていると思いますが、まだ登録していないところがあったら、この機会に登録しておくと安心ですね。

スマホアプリも扱えるブログかも知れませんので、アプリに強いASPも紹介しておきます。

これだけ登録しておけば、あなたが紹介したくなる商品が必ず見つかるはずです。自分が本当に欲しい商品だけを販売できたら、きっと素敵なブログになっていきますね。

欲しいと良いは全く違う感情

良い商品を紹介していれば、いつか必ず売れるという考え方もあります。確かに本当に良い商品なら、みんなが欲しがるので、記事に関係なく売れると考えたくなるのも無理はないでしょう。でも、人が行動するときは、良いと感じたときではないのです。

例えば、あなたがどこかのブログで良い商品を見つけました。すぐに買いますか? まあ、お金が余っている人なら、深く考えずサクッと買うかも知れません。でも、普通はまだ買いませんよね。口コミを調べたり、情報を集めたり、相場を調べたり、本当に使うのかを考えてみたり、料金が高ければ高いほど、悩むことが増えていくでしょう。

そして、いくつか調べた後に納得したら、ようやく購入に至ります。つまり、良いと思わせるだけでは足りません。良いと思わせるだけだと、あなたの記事を読んで興味を持った人が、他の人のブログを読んで買うということです。

良い商品の紹介しているだけでは、いつまで経っても、あなたのブログは売れないままです。商品について、良い記事を書いているのに、もったいないですよね。重要なのは良いと思わせるよりも「欲しい」と思わせることになります。

では、欲しいと思うのはいつでしょうか?

それは「困ったとき」です。あなたの記事を読んですべての人が困ったと感じれば、ほぼ100%の確率で売れるようになります。だって、実際に困っているのですから、他の人の記事を読んだり、他と比べている余裕はありません。今すぐに困った状況を抜け出したいと、急いで手を出してしまうのです。

物を売ろうと思うなら、それがないとどんなときに困るのかを想定してみてください。そして、読者がすでにその状況にあると錯覚させれば、物は売れるようになります。

ブログで物を売るためには意識を変えるのが重要

あなたがブログで稼げないのは、好きなことばかり書いていて、売るという意識が欠けていたから、というのはわかってもらえたでしょうか。この部分が分かっていないと、どれだけテクニックを身につけても、すぐにまた元通りになってしまいます。

意識を変えるのは何よりも大事です。あなたの意識が記事に力を与えて、それを読んだ人に伝わります。「今から紹介する物を必ず読者に買わせる」と強い意志を持つくらいでちょうどいいのです。

物を売りたいなら「物を売るために書く」という意識を忘れないでください。

それはわかったけど、どうすれば物を売るための記事が書けるの?という人もいるでしょう。そんな人の為にこのようなページを用意しました。具体的なテクニックが書かれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログで収益化するためのセールスライティングと7つのテクニック

まとめ

「あなたのブログで物が売れない本当の理由とその対処方法」はご理解いただけたでしょうか? 話をまとめますね。

    ブログで物を売るために必要なマインド

  • 絶対に売ると思いながら記事を書く
  • 自分が欲しいと思える商品を扱う
  • 良いじゃなく欲しいと思わせる

以上の3点です

意識と行動を変えなければ、いつまで経っても結果も変わりません。常に自分の書いた記事が誰に向けて書かれたものなのかにも意識を向けて、たくさんの記事を書いていきましょう。

今回、この記事を読んだことでなにかしらあなたの中に行動するきっかけが芽生えれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

NEXT→ 【保存版】ブログで稼ぐためのおすすめツール7つを大紹介!【アフィリエイト】

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

頑張っている人を見ると自分も頑張りたくなる。
周りに頑張る人をたくさん作れば、勝手に頑張れるようになっていく。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事