やる気が低下する理由

物事に対して、プラスのアクションをし、自分の気分をプラスに持っていける人間
やる気プロデューサーの上田です。

本日は、なぜやる気はなくなっていくのかというお話です。

強い欲求があれば、人は行動します。
しかし、その強い欲求を持ち続けるのは非常に困難です。

なぜでしょうか。

それは、体が休ませようとするからです。

私たちは子供頃からの生活環境で、土日は休みと
植えつけられています。ですので、基本的に土日は休みたいと思います。

頭で休みと分かっていると、普段頑張っていることでも休みたいという感情が
働き出します。これがやる気がなくなる原因のひとつです。

やるのがなんとく億劫にやる気持ちですね。

精神レベルでは、土日なんてものはありません。
あるのは、頑張って5日やって2日休むという行動習慣だけです。

土日だけ休んで平日頑張ろうと初めから思っている人は要注意です。

精神のレベルで休むというのに土日が関係ないといいましたが、
これは、非常に大事な部分です。

土日を休むことで、精神は、5日間しか連続で頑張ることができないのです。
つまりどんなに頑張っても、5日間で終わります。

この行動が、頑張れなくなっていく原因なのです。

休みが入ると、休みの為に頑張るようになりませんか。

今日がきついが、明日はやらなくてよいとか。
そして、休みが終わると明日からまたやらなければならないという
気分でまたやる気が少しなくなるのです。

さらに、祝日まで休んでいたら、
週4日間しかやらないことになります。
半分程度はやっていないわけですね。

この状況だと、やる気レベルはせいぜい週5日レベルです。
パートタイマーの人と同じ感覚ですね。

これではやる気を継続させることの方が難しいのです。

さらに、毎回休みがあると、いつの間にか
休むことが目的になってしまい、
休みの為に頑張るようになり、
最後には、「やらなければ、毎日休み」ということに
気がついてしまい、やめてしまいます。

本当に叶えたいものならば、
土日に関係なく頑張る自分を身につけましょう!

NEXT→ ゾンビから学べる目的を持つことの重要性

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

自分だけで作り上げても嬉しいが、
誰かと一緒に作り上げたほうが、質も感動も大きくなる。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事