これを知らないとずっと損をする。ウソをつくメリット

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

上手に嘘をつきたい人や周りの嘘に騙されたくない人、嘘にまつわる悩みは思ったよりも多いみたいですね。今回はたくさん来ている質問の中から、嘘をテーマにしてまとめてみました。

みんながどんなことで悩んでいるかを知り、その解決法を学んで、何かの役に立ててくださいね。それでは早速見ていきましょう!

question.1 よく騙されてしまう

僕は嘘を見抜くのが下手でよく騙されてしまいます。どうすれば嘘を見抜けるようになりますか? また他人にうまく嘘をつくコツがあれば、一緒に教えてください

騙されやすい人の特徴として、相手の話を信じやすいと言うものがあります。それは単純に相手の話を疑うだけの経験を持っていないからです。

どんな人に騙されやすい人でも毎日「足下に100円落ちてる」とウソを言われ続けたら、ウソだと見抜けるようになっていきます。嘘を見抜く力というのは、まさしくこれと同じ力。慣れと経験に他なりません。

ですので、ウソを見抜ける人というのは、親や兄弟、姉妹がウソつきの場合が多く、生活の中で自然とウソと触れ合っているので、見抜けるようになっていったのです。クラスメイトや友だちなどの交友関係でも同じことが言えますね。

あなたが今、ウソでたくさん騙されているなら、それはウソについて学ぶ機会を得たと考えましょう。何度も騙されているとウソのパターンのようなものが見えてきて、自然と見抜けるようになっていきます。

若いうちは騙されてもそれほど被害はないので、どんどん騙されてください。歳を取ってから騙されると、財産的に致命的なものになりかねません。大きなトラブルを避けるためにも、たくさんのウソに関わってウソに対する知識を身につけていきましょう。

そして、上手にウソをつく方法も同じです。たくさんのウソのパターンを見て、ウソをつくのがだんだん上手になっていきます。美味しい料理を自分で思いつくのは難しいですが、レシピ本を読んだり、詳しい人に教えてもらえばすぐにマスターできますよね。上手にウソをつきたいなら、上手にウソをつける人から学ぶのが一番です。

それと嘘をつくときに表情でバレてしまうこともあります。感情のコントロールになるからウソをつくのが難しいという人もいるでしょう。もしも、あなたがすぐに顔に出てしまうと言うことであれば、自分の感情を読まれにくい場所でウソをつくようにしてください。

電話なら声しか分かりませんし、匿名掲示板なら文字しか相手には伝わりません。表情が見えないと信用してもらえないと思う人もいるかも知れませんが、オレオレ詐欺や振り込め詐欺に、未だに騙される人がいることを考えてもらえば、表情がなくても騙せるのは分かりますよね。

相手を騙すのに必要なのはテクニックです。上手に相手を騙せるようになりたいなら、ひたすら経験を積んでください。だけど、周りに嘘をつきすぎると「狼少年」状態になるかもしれませんので、やり過ぎには気をつけていきましょう。

question.2 ニートだと思われない方法

在宅仕事、所謂テレワークというものを全く理解してくれず、ニートだと勘違いされてしまいます。周りをうまく説得する方法はありますか?

最近はコロナの影響で、家で仕事をする人も増えているので、誤解されることは少なくなりましたが、以前は家での仕事は珍しいものでした。私もネットゲームをしながら、よく原稿を書いていましたので、自宅警備員と何度もからかわれたものです。

別に理解してもらおうとは思いませんでしたので、言い訳はしませんでしたが、その状況を打破するなら、給与明細を見せますね。さすがに給与明細を偽装してまで、働いているアピールする人は少ないでしょうから、相手は確実に信用するはずです。

あまり稼いでないようだったら、給与額でマウントを取られるかも知れません。そうならないためには、給与明細を偽装するといいですね。どんなに適当な仕事をしていても、お金を稼いでいるところを見せたら、ニート
なんて言わなくなりますよ。本当にニートだった場合にも給与明細を見せるのはオススメです。

question.3 命に関わる命令をされたら?

東日本大震災の時、避難警報が出ている中で、ブラックな社長が片付けを優先させたことで、社員が全員亡くなったと言う話を聞きました。雪城さんが同じ状況だったら、ブラック社長を相手にどう行動したと思いますか?

まず間違いなくこの話はウソですね。そんな会社はありません。

根拠としては、全員が死んだなら、ブラックな社長が片付けを命じたかどうかなんて分かるはずがありません。仮に社長だけは避難し、無事だったとしても、自分が出した命令でそんなことになったら、普通なら全力で否定します。認めたら大問題になるのは確実ですから、よほどの証拠が揃ってない限り、認めるはずがありません。

つまり、そんなブラックな会社はないと思うわけです。

もしも、本当に存在したとしたらどうするか?

そりゃあ、逃げます。なんと言われようとも全力で逃げます。もしも、なんかうまい感じに災害を逃れたとしても、翌日、怒られるだけですよね。仮に避難したことを非難されて解雇されたら、全力で不当騒ぎます騒ぎます。裁判になればまず間違いなく勝てるはずです。

自分の命は何よりも大事だと覚えておいてください。死んでしまったら後悔することもできません。周りに流されて、間違った判断をしないようにしていきましょう。

question.4 38歳でも新卒扱いされるのか?

工場勤務の38歳です。今年大学卒(海外)になります。四ヶ国語喋れます。Pythonの勉強もしてきました。こんな僕ですが有名企業の正社員になれるでしょうか?

工場勤務で今年海外の大学卒業というのは、オンラインの留学なのか、それとも海外の工場で勤務中なのかわかりません。設定なのかなんなのか分かりませんが、なかなか難しい状況にありそうですね。

それらを考えずに状況だけで考えてみると、今年海外の大学を卒業し、四ヶ国語喋れて、Pythonも使える38歳ということになります。おそらく新卒として見てもらえると考えての質問でしょう。しかし、40歳も近いことですし、普通の中途採用と同じ扱いになると思います。

ということは、Pythonを使ったエンジニアになりたいなら、大卒だとか、四ヶ国語しゃべれることよりも、Pythonを使って何ができるのかの方が重要です。もちろん、珍しい国の言葉なら、それなりに需要はあると思います。

なんにしても工場勤務で、まったく違うことをしてきたなら、有名企業に入るのはかなり難しいです。38歳の未経験が有名企業に入るためには、すさまじい努力とそれを認めさせるコミュニケーション能力が必要になります。

ですので、まずはどこでもいいので、Pythonを使った仕事ができる会社を受けまくってください。自分はできるんだとアピールしていれば、どこかしらで採用してもらえるはずです。どうしても採用してもらえないなら、独自にプログラムを組んでみるのも良いですよ。とにかく結果を出すしかありません。

人に誇れるような結果を出せば、有名企業に雇ってもらえます。かなり難しいですが、どうしても目指している企業があるなら、諦めずにチャレンジしてみてくださいね。

人生は一度しかありません、後悔しないように頑張っていきましょう。

まとめ

上手にウソをつけるようになりたいなら、場所や環境を選ぶこと。そして、たくさんのウソに触れ合っていくことが大事です。必要に応じて、真実味を増すために偽装をすることも考えてみてください。

世の中には良いウソと悪いウソがあります。それは最初はウソだったとしても、結果的に真実になれば良いウソなのです。面接の時に「自信がない」「やったことがない」「できるかわからない」など、真実でも言ってはいけません。弱気な発言をする人を採用したいと思う人はいません。

ウソでも良いから「自信ある」「絶対できる」とはっきり言いましょう。

採用された後は、頑張ってそこまで技術や知識を高めていけば良いのです。人は追い込まれた方が成長します。上手にウソをついて、自分を追い込み、そこから飛躍的な成長を遂げていきましょう。

今回の話を見やすいように童画にしてアップしてみました。

やる気チャンネルでは、あなたからの質問や相談を待っています。もしも、自分だけでは解決できない悩みなどありましたら、お気軽にご連絡下さい。コメント欄だけでなく、メールでも構いません。よろしくお願いします。

NEXT→ 犯罪者になって困ったときに読んでおきたい相談文集

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

夢の実現を手伝ってもらう一番簡単な方法は、
あなたが誰かの夢を手伝うこと。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事