やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

命は儚いもの

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

未来が予言できると言うと、
「私がいつ死ぬのか教えてください」と
質問してくる人がいます。

これは未来と運命を一緒にしているためです。

最初にはっきり言っておきますが、
未来と運命は別物です。

未来は先のことを言っているだけですが、
運命とは命がいつ尽きてしまうかということです。

運命とは、「運」と「命」を合わせた言葉です。

つまり、命の運です。

例えば、ギャンブルで負けた人は、
運が悪かったといいますよね。

命も同じで運が悪いと、
命を失ってしまうわけです。

命のサイコロというものがあって、
それである数字が出た人は死ぬみたいに
理不尽に死んでしまうのです。

階段から転んだだけで死んでしまう人もいますし、
眠った状態が悪くて窒息して人もいるのです。

それほど、人の命と言うのは、
あっさり終わってしまうものだと
認識しておいてください。

命は全ての人に平等に与えられていますが、
自分ひとりの行動だけでは決められないのです。

もちろん気をつければ、
長生きできる確立はあがりますが、
それでも100%長生きできるわけではないのです。

隕石が落ちてきて、仮に死亡者が1名だったとしても
その1名に自分がならないなんて誰も言えないわけです。

さて、運命とはどのようなものかが
わかってもらえたところで本題です。

命はあっさりと終わってしまうという話をしましたが
このような話をすると、反応は2つに分かれます。

「あっさり死ぬなら頑張っても意味がない」
「あっさり死ぬからこそ今を大事に生きよう」の
どちらかに分かれるわけです。

もしもあなたが、あっさり死ぬことがあるから
「頑張るだけ意味ないじゃん」と考えたのであれば
もったいない生き方をしています。

いつ終わるかわからないからこそ、
その命がある今を大事にするべきなのです。

家族がいるのであれば、今その家族のために
何が出来るのか考えてみてください。

大事な人がいるのであれば、
その人と最高の思い出を作るには
どうすれば良いのかを考えて実行してください。

命の終わりは理不尽にやってきますが、
終わりまでにどんな命の使い方をするのかは
あなた自身が決められるのです。

それをいつ死ぬかわかんないから頑張らないと考えるようでは
何一つ、後世に残せるような事はできないでしょう。

明日死ぬかもしれないから、今日を大事にしてください。
今日死ぬかもしれないから、今を大事にしてください。

今やっておかなければならないことを
もっと積極的にやっていきましょう。

その心意気があなたという人間を、最後まで輝かせるはずです。

いつ死んでもいいように、普段から全力で生きていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:やる気

今日のやる気が出る話

感情むき出しで努力できないのは平凡な証。
夢中になって、必死になって、熱くなった時、夢が実現する。