やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

やる気がでる魔法の言葉

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

やらなきゃいけないのに、
どうしてもやる気が出ない時というのは
おそらく誰にでもあるようなことだと思います。

しかし、実際にやり始めないことには
やる気が沸いてくることはないでしょうし、
おそらく、締め切りぎりぎりになって
あせってやるようになるだけだと思います。

ここで考えてもらいたいことがあります。

なぜ、そんなにやる気が出ないのでしょうか?

これは多くの場合に共通して言えることは、
先が見えていないからだと思います。

つまり、何かわからないことがあるために
先に進むのがつらい状態になっているのです。

わからない事というのは、
例えば、どれくらいで仕上がるのか、
どんな内容にするのか、
どうすれば相手は満足するのか
などなど、

何か一つでもわからないことがあるために、
どうしてもやる気が沸いてこないのです。

このような場合は、とりあえずはじめれば
わからないこともわかってくるようになり、
自然と先が見えるようになります。

すると、少しずつやる気が出てくるようになるのですが、
わからないことが大きければ大きいほど、
はじめるのがすごくつらいものになっているでしょう。

ですので、やらなきゃいけないことがあっても、
やる気が起きなくて、やり始めないとやる気が出ないことが
わかっていたとしても、動き始めるのが難しいのです。

このような時にもやる気が出る不思議な言葉があります。

それは、やりたくないことを言って、
最後にプラスになる言葉をつけてみましょう。

例えば、「電話しなきゃいけないところがあと10件ある」として、
この後に「だから頑張ろう」とか「やるぞー」などと言ってみましょう。

つまり、「電話しなきゃいけないところがあと10件ある。だから頑張ろう!」というと、
不思議なことに自然とやる気がわいてきて、
動き出す事ができるようになるのです。

これは、プラスの言葉を最後につけることで
あなたの中でやる気が出てくるようになるのです。

どうしてもプラス思考になれないときは、
このように言葉の最後にプラスになる言葉を
つけてみるのも良いと思います。

とりあえずはじめることで、
前が見えるようになってきます。

前が見えると次の問題が見えてきて、
その問題の達成方法を知っているとやる気が沸いてきますが、
また達成方法がわからないとやる気がなくなります。

その時はまたやりたくないことを言って、
最後にプラスの言葉をつけてみましょう。

するとまたやる気がでてくるようになるので、
また頑張って前に進みましょう。

これを繰り返していると、
必ず物事は終わりを迎えますので、
そこまで頑張っていきましょう。

やりたくないことは
あなたのわからない問題が含まれているために
達成した時にあなたは確実に成長するのです。

自分を成長するためにも
やりたくないことから逃げずに立ち向かっていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:やる気

今日のやる気が出る話

成功があるから失敗もある。
失敗は恐れるものではなく、成功するための勉強する機会。
どんどんチャレンジしていこう!