やる気がでる魔法の言葉

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

やらなきゃいけないのに、
どうしてもやる気が出ない時というのは
おそらく誰にでもあるようなことだと思います。

しかし、実際にやり始めないことには
やる気が沸いてくることはないでしょうし、
おそらく、締め切りぎりぎりになって
あせってやるようになるだけだと思います。

ここで考えてもらいたいことがあります。

なぜ、そんなにやる気が出ないのでしょうか?

これは多くの場合に共通して言えることは、
先が見えていないからだと思います。

つまり、何かわからないことがあるために
先に進むのがつらい状態になっているのです。

わからない事というのは、
例えば、どれくらいで仕上がるのか、
どんな内容にするのか、
どうすれば相手は満足するのか
などなど、

何か一つでもわからないことがあるために、
どうしてもやる気が沸いてこないのです。

このような場合は、とりあえずはじめれば
わからないこともわかってくるようになり、
自然と先が見えるようになります。

すると、少しずつやる気が出てくるようになるのですが、
わからないことが大きければ大きいほど、
はじめるのがすごくつらいものになっているでしょう。

ですので、やらなきゃいけないことがあっても、
やる気が起きなくて、やり始めないとやる気が出ないことが
わかっていたとしても、動き始めるのが難しいのです。

このような時にもやる気が出る不思議な言葉があります。

それは、やりたくないことを言って、
最後にプラスになる言葉をつけてみましょう。

例えば、「電話しなきゃいけないところがあと10件ある」として、
この後に「だから頑張ろう」とか「やるぞー」などと言ってみましょう。

つまり、「電話しなきゃいけないところがあと10件ある。だから頑張ろう!」というと、
不思議なことに自然とやる気がわいてきて、
動き出す事ができるようになるのです。

これは、プラスの言葉を最後につけることで
あなたの中でやる気が出てくるようになるのです。

どうしてもプラス思考になれないときは、
このように言葉の最後にプラスになる言葉を
つけてみるのも良いと思います。

とりあえずはじめることで、
前が見えるようになってきます。

前が見えると次の問題が見えてきて、
その問題の達成方法を知っているとやる気が沸いてきますが、
また達成方法がわからないとやる気がなくなります。

その時はまたやりたくないことを言って、
最後にプラスの言葉をつけてみましょう。

するとまたやる気がでてくるようになるので、
また頑張って前に進みましょう。

これを繰り返していると、
必ず物事は終わりを迎えますので、
そこまで頑張っていきましょう。

やりたくないことは
あなたのわからない問題が含まれているために
達成した時にあなたは確実に成長するのです。

自分を成長するためにも
やりたくないことから逃げずに立ち向かっていきましょう!

NEXT→ 未来は予言できる

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

今考えた明日の予定は予定通りになることは少ない。
だから、明日に回さないで、今日やる方法を考えよう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事