やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

アイディアはその場でメモしよう!

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは普段メモ帳を持ち歩いていますか?

もしも、持ち歩いていないのであれば、
今すぐに持ち歩くように習慣をつけてください。

そして、何か思いついたら、
すぐにメモを取り出して書いてください。

その時は、アイディアをメモすることを
何よりも優先してください。

なぜかといいますと、その場で書かないと
アイディアが抜け落ちてしまい、
もう二度と思い出す事がないからです。

もちろん、しばらくすれば思い出す事も
まれにですがあります。

しかし、それは思い出したら、
ラッキーなのであって、普通は絶対に思い出さないのです。

ですので、思いついたら
すぐにメモするように癖をつけるのが大事なのです。

断片的にでもいいので、後日読み返して
思い出せるようにしておきましょう。

今は、メモ帳変わりにボイスメモもありますし、
携帯にもメモ機能がついています。

どうしても、仕事の関係などで時間を作れない場合でも、
急いでトイレに駆け込んでメモをする時間をつくりましょう。

普段何気なく思いついたアイディアは
それほど宝の山なのです。

私自身もブログを書くネタは、
本を読んでいるときよりも、
別の何かをしている時に思いつきます。

あなたが夢を叶えたいと考えているのであれば、
脳がふとした瞬間に解決の手がかりをくれるのです。

それをメモせずに忘れてしまっているようでは、
もったいないとしか言えないですよね。

アイディアはどこで浮かんでくるのかは
自分では予想ができません。

運転している時やご飯を食べている時、
はたまた布団に入っているときかもしれません。

ですので、どんな状況であっても、
メモを取り出し、アイディアを書いておきましょう。

そのアイディアが将来の
あなたを助ける貴重な手がかりになるのです。

メモを取ることを習慣付けて、
一歩でも夢に近づいていきましょう!

きっと夢は叶います。
頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:価値観

今日のやる気が出る話

自分だけで作り上げても嬉しいが、
誰かと一緒に作り上げたほうが、質も感動も大きくなる。