出来るようなるまで頑張る

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

人は、目の前に困難があると
「そんな事はできない」と考えてしまい、
諦めてしまいます。

しかし、よく考えて欲しいのですが、
「そんな事は出来ない」という事で
何か得する事はあるのでしょうか?

はっきり言うとなにもありませんし、
逆に失う事がたくさんあるのです。

例えば、出来ないという事でどんな事を損するのか?
まず、自分への自信がなくなります。

そして、周りからの信用がなくなります。
出来ないと投げ出してしまう人だからこれは当然ですよね。

次に出来る人へのねたみの攻撃が始まります。
これは、非常に無駄な時間です。ねたみを言っていても
出来るようになることはなにもありません。

このように出来ないからといって
出来るように努力するのではなく
諦めてしまう事は自分にとっても、
まわり人達にとっても迷惑なだけなのです。

そもそも、はじめから出来る人なんていませんし、
出来ない理由なんてものもどうでもいいのです。

出来ない理由なんて、出来ない事を自分に納得させた
ただの言い訳ですから、まったく必要がありませんし
聞いていて面白いものではありません。

出来ない事があったら、
どうすれば出来るようになるのかを考えてみましょう。

そして、出来る為に何度でも方法を変えて
出来るようになるまでチャレンジしていきましょう。

必ず出来る方法が見つかるはずです。

なんて事を言うと、
「それでも出来なかったらどうすればいいのですか?」と
聞かれる事があります。

よく考えてみてください。
私は出来るようになるまでずっと方法を変えてチャレンジすると
言っているので、出来なかったらというものは存在しないのです。

極端な話「死ぬまで」方法を変えてチャレンジし続けるのです。

そして、あなたが死ぬまでに達成できなかったら
今度は子供や孫に引き継いでいきましょう。

いつか必ず出来る方法が見つかるはずです。

「そんなに長い年月は待ってられない!」と
思うかもしれませんが、そんなに長い間チャレンジし続けないと
出来ないなんて事は、よほど大きなプロジェクトのはずです。

例えば、人間が機械を使わずに空を飛ぶとか、
ブラックホールを見に行くだとか、
今の科学ではどうやっても出来ない事をやろうと思っていない限り
子供や孫に引き継いでまで、チャレンジしなければならない事なんてないはずです。

普通の人は、1度か2度チャレンジしたら諦めます。
多い人でも5回もやれば諦めてしまうのです。

必ず出来るようになると信じて
できるようになるまでチャレンジし続けましょう。

どんな事でも必ず出来るようになるのです。

出来ないなんていっている暇があれば、
出来るようになるための方法を探しましょう!

NEXT→ 自分の良いところは意識して探す

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

目の前の人を幸せにすることは、世界中の人を幸せにすることにつながる。
夢が見つからないときは目の前の人を幸せにする方法を考えよう!
メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事