やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

大勢の前だと緊張する

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

大勢の人の前で話をするのは得意ですか?

「苦手!」とはっきり答える人は、おそらく出来るだけ多くの人に
話を聞いてもらおうとしているはずです。

「大勢の人の前で話すわけだから、多くの人に聞いてもらうのは当然!」だと
考える人もいるかもしれませんね。

でも、それは大きな勘違いです。

なぜかと言いますと、あなたがどんなに素晴らしい話をしたとしても
全体がその話に夢中になることはありえないからです。

もちろん100%ないとは言いません。
でも、それは奇跡に近い確率だということをわかってください。

趣味や好みが人によって違うので、
みんなが満足する話なんて基本的にありえません。

つまり、話の内容うんぬんは関係なく、
満足しない人は絶対にいるというわけです。

ですので、全体に向かって話をしても意味がないわけです。

大勢の人の前で話すときに一番大事なのは、
話を一番聞いてくれる人を探すことです。

あなたのそばにいて、出来るだけ真剣に話を聞いてくれる相手です。
その相手を満足させるように話をしてみて下さい。

必ず、話の内容が良くなるはずです。
緊張がなくなるはずです。
話していて楽しくなるはずです。

何百人、何千人の前であったとしても同じです。

たくさんの人に目を向ける必要はありません。
その中のたった一人に目を向けてください。

その人に向かって語りかけるようにすれば、
話すのが驚くほど簡単になるわけです。

そしてこれは、大勢の人の前で話すことだけではありません。

どんな場合にも当てはまります。
人は味方の数よりも敵の数に注意を向けます。

ですので、多くの人を見れば見るほど
敵が多いと感じてしまうのです。

その結果、何かを始めようと思っても
うまくいかないような気になってしまいます。

それでは何も始められません。
何かを始めようと思ったときに、全体を見る必要なんてないのです。

たった一人のファンを見つければいいだけなのです。

「私のファンなんていない」と思うのであれば、
それはまだ全体のことを見ています。

もっと小さく見てみましょう。
ほら、あなたの一番のファンが見つかりましたね。

誰だかわからない人の為に
答えを教えるとそれは『自分自身』です。

どんなにファンがいない人でも
自分自身はあなたのファンであるはずです。

自分自身を満足させられれば、
最初の一歩としては十分すぎる結果をだせます。

全体なんて関係ありません。見る必要もありません。
大事なのはあなたの近くにいる人たちだけなのです。

何かを始めようと思ったら、最初に自分自身。
そして、次に自分を応援してくれる人。
その次に興味を持ってくれた人。

と自分のレベルに合わせて範囲を大きくしていけばいいだけなのです。
無理をする必要はありません。自分の出来ることから始めていきましょう。

それだけで苦手だったことが一気に解決していくのです。

自分自身を高めていく為に頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:自己啓発

今日のやる気が出る話

今考えた明日の予定は予定通りになることは少ない。
だから、明日に回さないで、今日やる方法を考えよう!