やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

不景気の本当の理由

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

与えると得をして、
ケチると損をするという話をした場合、
多くの人はそれを理解しているのと言います。

しかし、多くの場合、その反対をしてしまうのです。

例えば、あなたは手元に100円持っています。

このお金を増やしたい場合、
人にあげてしまうのと、
貯金してしまうのとではどちらが
将来的にお金になると思いますか?

ここで考えてもらいたいのは、
100円持っていて、人にあげてしまったら、
0円になると考えるのかどうかということです。

もしも0円になると考えてしまっているような人は
一生貧しいまま暮らすはめになるでしょう。

目先のことだけを考えると、
得たものは全部自分のものだと溜め込んだ方が
得だと考えるかもしれません。

確かに目先の話だけであれば、
100円与えると100円無くなるのですから、
与えない方が得をするように思えるかもしれません。

しかし、これは間違った考え方なのです。

この部分を正確に理解する為に、100円を相手に与えると
どのような事が起こるのかを考えて欲しいのです。

あなたが100円を失うということは
もらった相手は100円増えたということです。

100円増えたところで100円を余計に使えば
経済に100円分の効果を与えるわけです。

たったの100円で経済に与える効果なんて……と思うかもしれませんね。

では、それが1000万円だったら?
1億円、10億円それでも経済効果は少ないと思いますか?

10億円なんてバカな話をするな!と言われるかもしれません。

確かに1人で10億円を誰かに与えるのは難しいでしょう。
しかし、日本人だけで1億人を軽く超えています。

1人で考えれば10円で良いのです。
それが10億円です。

10億円でも足りないと思うであれば、
100億円、1000億円と増やしてみてください。

必ず日本の景気は回復するのです。

しかし、今の日本で景気が悪いのは、
誰かがどこかで与えるのをやめているからなのです。

給料が安い、買える物が減る、
売れないから値下げ、業績悪化、
そして、給料ダウンとマイナスの
行動を繰り返してしまうのです。

不景気というのは、
与える人が少なくなっているから
起こる事象なのです。

あなたが不景気を本当に嫌がるのであれば、
1秒でも早くあなた自身が無駄に
貯め込むような考え方を捨てていきましょう。

みんながお金を貯め込むようになれば、
どこの国でも確実に不景気に突入してしまいます。

そこを避けるためにも必要以上に
貯めるような真似をやめて
みんなに与える意識を強めていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:価値観

今日のやる気が出る話

うまくいって幸せになることだけをやっていこう。
そうすれば、達成するたびに幸せがやってくる。