やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

1日の価値は平等ではない

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは今日一日をどのように生きましたか?

よくある言葉に
「1日は平等にある」という言葉があります。

これって正しいのでしょうか?

私はこの考えは間違っていると思っています。

確かに、誰にでも平等に同じ1日があるように
感じてしまいますが、実際には大きな違いがあります。

例えば、単純にお金で換算してみましょう。

年収365万円の人の1日の価値は1万円ですが、
年収3650万円の人は1日の価値は10万円なのです。

お金の話であれですが、単純計算で10倍の違いがあります。

このように1日の価値が他人とまったく同じだという事は
基本的にありえない話なのです。

そして、この事からもっと考えて欲しい事があります。

それは、あなたの今日1日の価値は昨日と同じですか?
ということです。

これも簡単な話ですが、
昨日よりは確実に寿命に近づいているので
あなたの価値は1日分安くなったわけなのです。

そして、寿命もみんな違います。
同じ日、同じ時間に生まれて、
同じ日、同じ時間に死ぬ人も世界中で探せば1人位はいるでしょうが、
ほとんどまれな話です。

つまり、同じ日、同じ時間だけを生きたという事は
これまたありえない話なのです。

このように、寿命もみんな違うので
1日はみんなに平等にありますが、
その1日の価値は大きく違って当然なのです。

そして、この事を理解して1日1日を大事に使っている人と、
「明日への通過点」として、今日を使っている人とでは
大きく成長が違うのです。

年収ベースであなたの1日の価値を決めるのは、
おかしな話だと思いますが、
お金は生活から切っても切り離せない存在です。

そこをまずは素直に見てみましょう。

どうですか?
あなたの価値は自分で考えている以上のものでしょうか?
それとも少ないものでしょうか?

自分で考えている以上のお金をもらっているのであれば
もっと努力して、それ以上に価値がある仕事が出来るように
頑張りましょう。

そして、自分で考えても安いと感じる人は、
より多くのお金を稼げるようになるためには
何をすべきなのかもっともっと考えてみましょう。

口をあけていればエサを運んで来てくれる
親鳥がいない以上、自分で考えて行動する必要があります。

本当に今日を大事に考えているのであれば
何かしら必ず見つかるはずなのです。
もしも、見つける事が出来ないのは
それは、あなたが今日という日を大事に使っていないだけなのです。

今日は、明日への通過点ではありません。
今日という日はもう二度と訪れる事がない大事な日なのです。

適当に今日を生きる事も
必死に生きる事も出来るのです。

今日という日をもっと真剣に考えていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:価値観

今日のやる気が出る話

やりたいと思ったら、すぐにはじめよう
悩んでいると、人生はそれだけで終わってしまう!