自信は思い込むことで身につく

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは自分自身にどれくらいの自信を持っていますか?

自分にものすごく自信を持っている人は
おそらく少ないのでは無いでしょうか。

基本的に毎日の生活は自信をなくしていくことの方が多く、
自信を持つためには、自分の考え方をかえなければならないからです。

例えば、仕事を普通にこなしていても、ほとんど褒められませんよね。

でも、言葉はおかしいですが、
仕事を普通に失敗した場合には怒られます。

普通に失敗とは、会社を首になるような大きなミスではなく、
誰でもやらかしそうな簡単なミスのことです。

その程度の失敗であれば、
ミスをしない完璧な人間なんていませんので、
誰だって一つや二つはしてしまうものです。

どんなに小さなミスであったとしても
失敗をすれば基本的に怒られますよね。

仕事で褒められる時は、仕事でかなりの成果を上げた時だけですので、
褒められることはまれなのです。

つまり、普通に仕事をこなしていても自信はつかないけれど、
普通に失敗をすると自信を無くする訳です。

今は新人教育で出来るだけ褒めようとする企業側の動きもありますが、
それでも「褒めると調子にのる」という考えを持っている人もいますので、
ちょっとした成功では、なかなか褒めてもらえないのが現状です。

こんな環境の中で仕事をしていたら、
失敗をするたびに怒られ、うまくいっても褒められませんので
自分に自信を持つどころか、無くなっていくのは当然なのです。

自分に自信をもっていないと、
思い切った行動を取れなくなってしまいます。

その結果、小さな枠の中で怒られないようにしか
行動が出来なくなってしまうのです。

これは非常にもったいない状態です。

あなたがもっと自信を持ちたいのであれば、
その小さな枠の中から外に出て行く必要があります。

というか、出て行かなければいつまで経っても
たくさん褒めてもらえるような世界にはいけないのです。

あなたが褒められないからといって、
いつまでも自信を持てないようでは、
この先もずっと褒められない人生になってしまいます。

周りからもっと評価をされたいのであれば、
今の環境を壊さなければならないのです。

その為にまずは自分の考え方を変えてください。

自分に自信が持てないのは、
自分で自信がつくような動きをしていないからです。

あなた自身が今日から、自信に満ち溢れた行動をしていけば、
その行動に負けないように、自然と仕事の質も上がっていくのです。

自信がないのは、誰のせいでもありません。

あなた自身が自分で自分の事を
低く見てしまっているのが原因なのです。

もっともっと自分を信じてみてください。

「自分はダメな奴」ではなく
「自分は出来る奴」だと思い込むことから始めてみましょう。

仕事ができるから出来る奴になるんじゃありません。
自分を信じているからこそ、出来る奴になれるのです。

いつまでもダメな自分でいるのは、
自分でダメな自分を演じているからです。

今日から素晴らしい行動をすれば
今すぐにでも素晴らしい自分になっていけるのです。

もっと素晴らしい自分になるために頑張っていきましょう!

NEXT→ 考えすぎるな

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

毎日続ける事はたまにやる事よりも、数倍の速度で伸び続ける メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事