やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

連絡が取りづらい人との関係改善が夢を実現させる

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

なにかのきっかけで連絡をしなければいけなくなったとき、連絡を取りにくいなぁと思う人があなたにもいませんか?

普段からこまめに連絡を取っている相手だったら、当然そんなことを感じるはずもありませんから、「連絡を取りにくい人=普段連絡を取っていない人」この方程式はわざわざ言わなくてもわかると思います。

では、あなたの周りにいる連絡を取りにくい人を思い浮かべて下さい。なぜ普段からその人と連絡をしていないのでしょうか?

答えを言うと、連絡をしにくい人だから、普段も連絡をしないわけなのです。その結果、ますます連絡が取りづらくなってしまいます。つまり、普段から連絡をしない人とは、もともと連絡をしにくい人だとあなたが感じている相手に他なりません。

連絡のしやすさは人の距離と連動しています。普段から連絡をしていない相手とはますます連絡しづらくなり、連絡しない負のスパイラルが深くなっていくでしょう。このままではどうあっても連絡しやすくなるはずがありません。

この先その人と連絡を取りやすくなる事はまずないですし、どんどん疎遠になっていくはずです。

とはいえ、「連絡しづらい」と感じるような相手ですので、わざわざこちらから用事もないに連絡をするのは難しいでしょう。なんならそのままフェードアウトして、関係が白紙になっても構わないと思っているかもしれません。下手にストレスを感じながら付き合うよりは何倍も気持ちが楽になります。

しかし、世の中そううまくいかないのも事実です。お得意様や上司、先輩など、連絡を取らなければならない人はたくさんいます。なんとかして連絡を取りやすくしたいですよね。

今回はこの「連絡を取りづらい相手との関係改善」をテーマにお話しします。

少しでも良いから連絡を取る

目の前に問題があって、慣れたこととそうでないこと、どちらがうまくできるでしょうか? 考えるまでもありませんが慣れたことでしょう。

連絡を取りづらいのは、普段連絡を取っていないからですので、話すのが苦手だと思う人ほど、こまめに連絡を取るようにすればいいだけです。

その時、話題がないとか、話すことがないとか、そんなことを考える必要もありません。天気や政治、経済、仕事のことなど、ちょっとした話題で相手の状況を少し尋ねるだけでいいです。

すると不思議なことに思えるかも知れませんが、相手との関係が少しずつよくなっていきます。これは自分に興味を持っている人に自然と好意を抱いてしまうと言う心理が働いているからです。

ちょっとした会話で「あなたに興味がありますよ」と匂わせられれば成功です。会話にして数分でも問題ないでしょう。これを相手との関係性に応じて定期的に行っておけば、連絡を取りづらくなることはありません。

頻度として、どれくらい普段合っているかによって変わります。毎日顔を合わせているなら、数日おきにでしょうし、滅多に合わないなら、数週間、数ヶ月に一度でも十分でしょう。これだけでも相手との関係は悪くなりませんし、それどころか良くなっていくのです。

連絡を取りづらい相手を作りたくないなら定期的な連絡をするようにしましょう。

普段からやっていないことはできない

今回、人との連絡についてテーマにしたのは、ここから感じて欲しいことがあるからです。それは「普段からやっていないことはどんどんできなくなる」ということです。

連絡も普段から取っていないとだんだん取りづらくなるように、「夢実現」への行動もだんだんと取らなくなっていきます。人付き合いは相手によっては、必ずしも必要ではありませんが、夢を実現させようと思ったら、絶対にあなた自身が動かなければいけません。

夢があるとまわりに協力を頼んだり、誰かの夢に乗っかったり、協力者を見つけたり、とにかく、どんな状況であったとしても、声を出して自分でアピールする必要があるのです。

連絡しづらい程度の問題で悩んでいる人が、人生を揺るがすような大きな決断の時に声が出せるでしょうか?

おそらく難しいはずです。なぜなら普段やらないことをやろうとしているからです。だけど、そこで諦めずに行動しなければ、夢の実現はしません。

連絡を取りづらい相手との連絡は、普段やっていないことをやるときの原動力になります。ですので、連絡を取りづらい相手がいたら、喜んで連絡してみて下さい。きっと色々な気持ちになるはずです。それが、あなたの夢の第一歩に繋がっているのです。

慣れてないことをするとき、人は凄まじいエネルギーを消耗するということを覚えておきましょう。

引き延ばすほど夢の実現は遠くなる

人付き合いは自分の足りないところを補うという意味で重要です。一人でなんでもできると思っている人ほど、人付き合いを疎かにしてしまいます。しかし、それは間違いなのです。

連絡を取りづらい相手がいるのは、普段、自分がその人を避けているだけ、狭い世界を作り上げてしまったに過ぎません。もっと世界に目を向けてみましょう。その人よりも連絡しづらい人はたくさんいます。

そして、その中にはあなたの夢実現のために大きな力を与えてくれる人もいるでしょう。そんな人たちとの交流を「連絡が取りづらい」なんて理由で諦めてしまいますか?

きっとそうでは無いと言うはずです。

だけど、実際にその場になったら連絡はできません。なぜなら、さっきも言ったように慣れていないからです。慣れるには普段から行動するしかありません。

連絡しづらい相手がいると感じたら、何も考えずに連絡をしてみましょう。なにかがきっと変わるはずです。思いついたときに行動するのが実は一番簡単なのです。夢を叶えるために頑張っていきましょう!

もっと夢を叶える方法を知りたいという人は「夢を叶える方法~やる気を出すマニュアル~」にも目を通してみて下さい。きっとあなたの人生が変わるはずです! 思いついたらすぐ行動を実践していきましょう。

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:人間関係

今日のやる気が出る話

考えているだけでは何も解決しない。
どんなにつらくても、ちょっとだけ前に出てみよう。
半歩前に出るだけでも、問題点は違うものになる。