やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

何か足りないと思ったら

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

なになにがないは悪魔の言葉。
あなたも言い訳をする際に、使っていませんか?

お金がない。才能がない。
運がない。学歴がない。などなど。

もしも、あなたがそのような理由を
すぐに持ち出しているようであれば
それは大変危険な状態です。

なぜならば、このようないいわけをしてしまうと
それ以上、考えるのをやめてしまうからです。

おもしろいほどに
どんな夢でも一言で打ち消してしまうのです。

会社を作りたい→お金がない。
優勝したい→才能がない
成功したい→運がない。
一流企業に入りたい→学歴がない。

いかがですか?
いかにも無理な理由ができたと思いませんか?

このように深く考えなくても
『○○がない』と言ってしまうとそれらしい理由で
無理なようにも思えてしまうから恐ろしいのです。

しかし、安心してください。
この『○○がない』というのは嘘です。

本当のところは、『○○が(足りないけど、努力する気が)ない』と
カッコの部分を省略しているだけなのです。

つまり、努力する気がないだけなのです。

会社を作りたい→お金がない→お金がないなら個人事業主になればいいor出資者を集えばいい。

このように考えればお金がない状況でも、
できることは見つかるはずです。

つまり、『○○がない』と口にしてしまったときは
いいわけをしているんだと思い出してください。

本当に○○がないから出来ないのではなく、
ないことを口実にやらないだけなのです。

どんなことでも、
それ以上に考えられないなんて事はありません。

○○がないなら、
作ればいい。
見つければいい。
持っている人に借りればいい。

方法なんていくらでもあるのです。

あなた自身には無限の可能性があります。
その可能性を一番殺してしまうのが『○○がない』と言う言葉です。

こんな言葉を言い続けていては絶対に成功はしません。
夢なんて叶うはずもないのです。

『○○がない』と言ってしまいたくなったら
ないなりに何が出来るのかを考えてみましょう。

もっと可能性は広がるはずです。
自分の可能性を信じてください。

頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:やる気

今日のやる気が出る話

潜在意識には冗談は通用しない。
だから、自分へのマイナス言葉は冗談でも言わない。