やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

考え方を変えると好きな事が増える

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

前回運動の話をしましたので、
人の先入観についてもっと色々考えてみましょう。

学生の頃は勉強が嫌いだった人は
結構多いと思いますが、
学生が終わり、
社会に出ると急に勉強をしたくなる人も
たくさんいますよね。

たとえば、英会話学校に通ってみたり、
ニンテンドーDSも勉強のソフトが売れています。
このように人は学生が終わると急に勉強するのが
好きになるのです。

学生の頃からこんなに自主的に勉強が出来ていたら
もっと良いところに入れただろうと思います。

しかし、学生の頃を思い出すと勉強するのは
たまらなく嫌だったという人は多いはずです。

この勉強も元来は楽しいものだったのです。

それを周りからの言葉や、無理やりやらされたり、
テストで点数が悪いと怒られたりするので
いつの間にか嫌いだと思うようになり、
出来る限り勉強を遠ざけてしまっただけなのです。

食べ物の好き嫌いもそうですね。
子供の頃は見るのも嫌だったものでも
大人になると意外と平気で食べれたりしますよね。

このように今嫌いだと思っている事でも
結構時期が変われば好きになる事も
たくさんあるのです。

あなたがもしも何かに挑戦する時に
嫌だなと思って行動が出来ないのであれば、
それはただの先入観なのかもしれません。。

もしも、行動する事が出来れば
すごく大好きな事になるかもしれません。

物事を先入観で捉えるのではなく、
もっと違った方向から見る事が出来ないかを
探してみる事であなたの幅はもっと広がるでしょう。

一緒に夢を目指して頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:価値観

今日のやる気が出る話

今、昔の知人に会って自慢できることはありますか?
もしも、何もないようであれば、自慢できることを今から始めよう!