やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

断られることを恐れない

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは他人にお願い事できますか?

誰かに頼むときに断れるのが嫌だからと言う理由で
一切頼まない人がいます。

もしも、このような思考をあなたが持っていたら、
それは成功できない思考ですので、
今日、この場で捨ててください。

断れることは非常に重要な成功要素なのです。

例えば、あなたの目の前に美形の異性がいたとしましょう。

デートに誘いたいなと思いますが、
断られることを考えるとなかなか行動に移せませんよね。

でも、そこで行動してみてください。
きっと何かが変わるはずです。

「どうせ断られるんだし、誘うだけ意味ないじゃん!」と
思うかもしれません。

確かに運が悪ければ断られます。

「やっぱり!」と思うかもしれませんが、
自分のことで考えてみて下さい。

どんなに素敵な相手だったとしても、
断らなければならない理由ってあると思いませんか?

平日の昼間しかあけられないとか、
両親がいて都合がつかないとか
相手によってさまざまなはずです。

つまり、どんな状況であったにせよ
断られる可能性は常にあるわけです。

それでも断れるといいことがあります。
今回は断られてからの考え方についてお話します。

断られると当然のことですが、嫌な気持ちになりますよね。
ここ、非常に重要です。なぜなら、それはあなただけではないからです。

断られたあなたと同じように、
断った相手も嫌な気持ちになってしまうのです。

言葉を変えるなら、断った相手は、断るときに、
あなた自身に追い目を感じてしまうということです。

それがどういう事かと言うと、次に誘った際に
相手は追い目を感じていると断りにくくなるのです。

つまり、どんなに高いハードルであったとしても、
なんども頼み続ける事で、相手はどこかで折れてくれる可能性があるわけです。

弱みに付け込むようで嫌な気がするかもしれませんが、
これは実際に営業でも使われている手法です。

相手の家に何度も訪問して、
小さなNOをたくさんもらって追い目を蓄積しておくのです。

そして、本当に売りたいものを買ってもらうわけです。

このように断れるのが嫌だから誘わないというのは、
実は非常にもったいない考えです。

これは男女の問題だけではありません。

夢に向かって行動しようと思ったときも同じです。

相手に何かやってもらいたいと思ったら、
何度も断られるつもりでチャレンジしてみてください。

きっとどこかであなたを受け入れてくれるようになります。

夢に向かって100回くらい断れるつもりで
頑張ってみましょう!

どんな夢でもきっと叶うはずです!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:自己啓発

今日のやる気が出る話

夢の実現を手伝ってもらう一番簡単な方法は、
あなたが誰かの夢を手伝うこと。