人を嫌いなる理由

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

今日朝からがけっこう降っていて、
なんとなく気分が下がってしまいました。

あなたは、雨が好きですか?

もしも、雨に関して好きとか嫌いとかの
感情が沸いてくるようでしたら、
それは先入観によるものです。

先入観があるから、物事に関して
好き、嫌いを判断してしまうのです。

例えば、生まれて一度も雨を見たいことがない人は
雨というものがどういうものなのか理解できません。

空からシャワーのように水が降ってくると言っても
信じてくれないかもしれませんね。

そして、実際に雨が降っているところに連れて行ったら、
とても驚いてくれるでしょう。

このように先入観がない人にしてみれば、
雨という事象は嫌なことでも好きなことでもないわけです。

これが、雨でイベントごとが中止になったり、
駅までの道のりで濡れてしまったり、
傘が荷物になったりと、嫌な経験を積み重ねていくことで
雨というものが嫌なものだと思い込んでしまうのです。

どんなことにも適用されるのですが、
先入観で物事を判断しているから
好き嫌いが出てくるわけです。

初対面の人に、
良い感情や悪い感情を持つのも同様です。

以前に会った、似たような雰囲気を持つ、別の誰かと比べて
目の前の人を判断するので、好き嫌いが生まれるのです。

ここでわかっていただきたいのは、
どんなものでも、それが本当に嫌なのかどうかを決めているのは、
あなた自身であるということです。

その人がどんな人であるのかというのは
ほとんど関係ありません。

嫌いになる9割以上の理由は、
あなたの中にある先入観から始まっているのです。

好きな人の場合はそのままでも構いませんが、
嫌いな人はそのままではもったいないのです。

本当の意味でその人の良さを知ることなく、
先入観だけで嫌ってしまうと、
その人からは何も得られなくなってしまうからです。

どんな人にでも良いところと悪いところがあります。

それを見つけられるかどうかはあなた次第なのです。

嫌いな人がいたら、『これは思い込みだ』と
自分に言い聞かせてみましょう。

少しだけ違った見え方をするはずです。

その人なり、その事象なりに良いところを見つけて
自分の力となるように吸収できるようになっていきましょう。

もっと成長が早くなるはずです。

頑張っていきましょう!

NEXT→ 当事者意識

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

意欲的になれないのは時間があまっていると思うから。
今日しか時間が無いと思ったらどんなことでも意欲的になれる! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事