やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

これでいいやと思ったら

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

頑張っているのは分かるんだけど、
もう一歩のことってありますよね?

自分の事だと分かりにくいですが、
他人がやっている事だとはっきりと目につくはずです。

人は頑張ってやっていて、ある一線を越えた時、
急に『これでいいや!』状態になってしまいます。

おそらくあなたにも経験があるはずです。

いまいちなんだけど、これ以上、直す場所が分からない。
どうすれば、良くなるのか見当もつかない。

このような状況に陥ると、
人は『これでいいや!』と思ってしまいます。

ある程度考えてもアイディアが出ないコトなので、
かなりのレベルで仕上がっているとは思います。

しかし、冒頭にもお話したように
他人の目から見ると、物足りないのがはっきりと判ってしまいます。

頑張っていると、どうしてもそこに感情が入っているために、
周りの評価よりも、自分のなり評価を高くしてしまいがちです。

例えば、自分の恋人や子ども。
周りから見るとあまりかわいくないのに、
本人にしてみれば、大満足で『かわいい』を連呼するわけです。

親バカな人を見ると呆れてしまうコトありますよね。

それと同じです。

自分が頑張って作り出したものは
どうしても良く感じてしまいがちなのです。

『これでいいや!』と思って完成にしたときは、
やっぱり『これでいいや』程度の出来なのです。

本当に素晴らしいモノを作った時は
『これ以上はない!』と思えるはずです。

それでも感情が入っていますので、
過剰評価になっていることは多いですが。

それでも『これでいいや』より『これ以上はない』まで
頑張った方が、成長は早くなるのです。

とは言っても、それ以上にアイディアなんてないわけですから、
『これ以上はない』というところまで仕上げるのは難しいですよね。

でも、それでも頑張ってください。
あなたがつまずくところは、他の人もつまずくところなのです。

難しい事を捻り出すから、そこに価値が生まれます。
それが『これ以上はない!』になるわけです。

決して、『これでいいや!』で満足しないでください。
それではいつまでたっても成長しません。

必死になって考えるから成長するのです。

『これでいいや!』と思ったら、もう一度考えてみましょう。
どうすれば、『これ以上はない!』になるだろうかと。

考えれば考えるほど、アイディアは生まれてくるものです。
最大限に頭を使って頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:才能

今日のやる気が出る話

失敗をしたくないなら、出来る人の真似をすればいいだけ。
真似することは恥ずかしいことではなく、失敗しない一番の近道!