自分だけできない

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

人間はみんな同じではありませんから、他の人ができるのに自分だけできないことってありますよね。そのようなことがあるたびに自分はダメだと考えてしまっていませんか?

自分だけができないわけですので、「才能がない」「自分はダメだ」「情けない」などとマイナス思考にどうしても陥ってしまいがちです。もしも、そのような状況に陥っているのであれば、他の人を羨ましがったり自分を卑下する前にやって欲しいことがあります。それは、自分の努力不足を反省することです。

努力に勝る天才なし

他の人に出来て、自分にだけ出来ない事なんてはっきり言いますがありません。仮にあるとするなら、努力不足や練習の方法を間違っていることが大半です。それ以外のことだと、まさしく本人達の血の滲むような努力による成果なのです。

今ものすごい事が出来る人だって、最初からできたわけではありません。

人のいないところで色々な努力をして、正しい練習方法を身につけた結果、その成果を出せるようになったのです。

子どもの頃に運動が出来る子と出来ない子がいましたよね。運動が出来る人を「運動神経が良い」なんて、出来ない自分を正当化して相手を優れた人間だと考えていた人も多いはずです。

そんな気持ちが子供の頃からあると、大人になっても出来ないのは「才能がない」からだと勘違いしてしまうのです。

はっきり言っておきますが、運動神経が良く見える子どもというのは、他の子ども達よりも多く体を動かしていたからに過ぎません。多く体を動かし、知らず知らずのうちに練習をしていたから、他の子どもよりも良い成績が出せたのです。

もちろん、勉強にだって当てはまります。

成績が良い人は「頭が特別に良い」わけではなく、正しい勉強方法と努力を惜しまなかった人なのです。あなたももっと効率のいい勉強方法とより多くの努力をしていれば、もっともっと良い成績を残せていたに違いありません。

他人の成果を羨むより自分の努力不足を嘆こう

才能や能力、生まれや環境は当然、違います。でも、それをすべて発揮できている人というのはかなり少ないでしょう。つまり、才能や能力だと言う前に、努力と練習を惜しまない人の方が成果を出しているのです。

歌がうまい人は普段から歌を歌っているからうまいのです。
スポーツが得意な人普段からスポーツや運動をしているからうまいのです。

出来ないのが情けないと考える前に、出来ないことを理解した上でもっと練習してみてください。

どんな練習をすればいいのかわからない場合

成果の出せていないことで、どれだけ努力しても正しい練習方法なんて掴めません。練習方法が根本から間違っているから、いつまで経ってもできないのです。ですので、どうしてもできないことがあったら、成果を出している人を見てください。

その人が普段どんな事をして、どんな生活を過ごしているのかをリサーチしてみましょう。そして、それをあなたも真似して同じ生活をして、努力も同じように続けてみてください。

すぐに同じ成果は出せないでしょうが、毎日繰り返すことで、だんだんとできるようになっていくはずです。どれくらい時間がかかるのか? それは今成果を出している人が、どれくらい努力したのかを聞いてから考えるようにしましょう。おそらく、あなたが想像もつかないほど長い月日、もしくは時間をかけてきたはずです。

まとめ

出来ないのは普段の努力が足りないのと練習方法が間違っているのはわかってもらえたでしょうか? 正しい練習方法と努力をしっかりすれば、すでに誰かが結果を出しているのであれば、すぐに結果を出せるのです。

まだ信じられない人がいるかもしれませんので、世界陸上を例にして考えてみましょう。新しい世界記録が出るまで、絶対超えることができないようなことを言われますよね。でも、誰か1人が新しい記録を出すと、それまでの世界記録に他の人たちも届くようになります。

世界陸上で毎回記録が塗り替えられていることからも、それは明らかですよね。

つまり、記録を出したい人が、記録を出した人の練習方法を見て、自分も同じようにやっていくから、記録が伸び、以前の世界記録にいつの間にか届くようになっているのです。

すでに限界のように言われている世界記録ですが、もっと効率的な練習方法が編み出されたら、もっともっとすごい記録が出せるようになるでしょう。まだまだ人間は限界まで力を出してはいません。

あなたの眠っている力を引き出す方法を探してみましょう。

どんな夢だって叶えられるようになります。
頑張っていきましょう!

NEXT→ 主人公になる方法

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

楽しい事を先にやるとやりたくない事だけが残る。
やらなければならない事はやりたくなくても先に終わらせよう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事