やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

習慣化すれば楽

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

ほとんどの人が毎日、同じような生活をしています。

おそらくあなたも休日以外は
大体同じような生活をしているのではないでしょうか。

朝起きる時間から、会社や学校に行く時間、
そして、ご飯を食べる時間など、
ほぼ毎日同じことをくり返していると思います。

ではここで問題ですが、このような毎日の繰り返しを
あなたはどの程度コントロールしているでしょうか?

例えば、仕事や学校があるので
7時には起きて準備をしなければ
間に合わない環境にいるとします。

ここで、時間ギリギリまで寝ているのか、
それとも、7時までは自由に使えるから、
早起き、5時に起きて、朝のうちにやりたいことをやっておくなど

起きる時間にしても、あなたの選択で選べるわけです。

食事の時間もそうですね。

1時間の休憩もらったから、食べて、時間一杯まで寝ているとか、
5分で食べて、午後の仕事の準備をしておくとか、
勉強の時間に当てるなど、色々な使い方が考えられると思います。

このように1日を振り返ってみて、
自分の習慣はどのようなものが多かったのか
考えてみてください。

成功しない人は、ここで圧倒的に
楽をする習慣を多く持っているはずです。

朝ギリギリまで寝ているとか、
お昼休みは、寝て過ごすとか、
仕事の時間以外では、勉強しない、などなど

「そんなに頑張ったら疲れちゃうじゃん」と
考える人もいるかもしれません。

でも違うんです。疲れるのは
習慣になっていないことをするからなのです。

毎日ゴロゴロしている人は、
ゴロゴロしないと疲れますが、
まったくゴロゴロしない人にしてみれば、
1日ゴロゴロしただけで疲れてしまうのです。

つまり、横になって寝ているのが楽なのも
習慣によるものなのです。

毎日10時間寝ている人は、
10時間近く睡眠をとらなければ、翌日きつくて仕方ないでしょうが、
3時間程度の睡眠しかしない人は、3時間程度、寝れば十分なのです。

時間にして毎日7時間の違いが出るわけですので、
どちらが成功に近くなるのかなんて考えるまでもありません。

一見すると無茶なことに思えるようなものでも、
習慣化してしまえば、楽になることはたくさんあります。

食事制限なども、最初はきついですが、
慣れてくると当たり前になっていき、
別にきつく感じなくなるわけです。

あなたが今考えている『きついこと』はすべて、
その習慣の中にいないからきついと
感じてしまうだけだと覚えておいて下さい。

どのような習慣でも、あなたの努力しだいで、
身につけられるようになります。

その習慣次第で、成功するのか、
成功しないのかが決まっていくわけです。

出来れば最初はきついかもしれませんが、
成功できる習慣を身につけられると良いですね。

頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:才能

今日のやる気が出る話

頑張っている人を見ると自分も頑張りたくなる。
周りに頑張る人をたくさん作れば、勝手に頑張れるようになっていく。