人間関係を改善するたった1つの思考

皆さん、こんにちは。
人間関係は人生の縮図だと思っている、やる気プロデューサーの上田洋輔です。

皆さんは周りの人からの信用を得るために、どのようなことをしていますでしょうか?

このような質問をすると多くの場合、『信用を得るための行動』を答える方が多いです。

しかし、信用を得るための行動は必ずしも、相手からの信用を得られません。

何故かというと、信用を得ようと頑張っている人の行為というのは、だいたい透けて見えるもので、信用を得ようと努力をすればするほど、信用したくなくなります。

不思議なものですよね。

わかりやすい例で言うと、営業です。

頑張ってお客さんと仲良くなろうと頑張れば頑張るほど、軽い言葉に聞こえ、どうしても怪しく思えてしまいますよね。

つまり、信用を得ようとする行為は、逆に信用されづらくなるということです。

では、どうすれば、信用を得られるでしょうか。

信用を得ようとする以外で、信用を得る方法というと難しく思えるかもしれません。ですが、非常に簡単な方法があります。

それは、自分が相手を信用することです。

信用を得ようと努力するのが相手に自然と伝わるように、自分が相手を信用していれば、それもまた自然と相手に伝わります。

ですので、信用を得たい相手がいたら、まずは自分が相手を信じましょう。

それだけで、多くの人間関係がよい方向に変化します。

自分が信用していない相手は、絶対にあなたを信じてくれません。
なぜなら、あなたが信じていないからです。

非常にわかりやすい話です。

自分が信用せずに相手からの信用を得ようとするから、人間関係がうまくいきません。

例えるなら、自分だけがよい感情を得ようと、相手を騙すのですから、それは詐欺師の考え方なのです。

あなたが詐欺師を目指していないのであれば、相手から信頼を得る前に、自分が信用して、相手に心の安らぎを与えましょう。

人間関係に困ったときは、相手からの信用を得られるのかと考える前に、どうすれば『相手を信じられるだろうか』と考える方が、よほど人間関係はよくなります。

あなたの考えていることが、相手の考えていることに繋がります。
他人は自分の表情を写し出す鏡です。

まずは自分から相手に与えるようにしていきましょう。
たったそれだけで人間関係が大きく変わっていきます。

頑張っていきましょう!

NEXT→ 怒りの後に必ず後悔がついてくる

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

人とのつながりは今の自分を見つめ直すいい機会。
あなたの周りにいる人はあなたと同じレベルの人達。
どんな人達に囲まれていますか? メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事