やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

諦めると嫌な思い出になる

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたはどのような事が嫌な思い出として
残っているでしょうか?

これは、人間が100人いれば
100通りの人生があるので
一概に『この思い出』が嫌だとは言えません。

しかし、たった一つだけ、嫌な思い出を作る要因で、
共通している事があります。

それは、『途中で諦めた事は絶対に嫌な思い出』になるのです。

例えば、子供の頃から、ピアノを習っていました。

始めのうちは楽しかったのですが、
だんだんと難しくなってきたり、
友達と遊びたくなったりで、
ピアノを辞めてしまいました。

このような人は、おそらくこの先の人生で、
ピアノに対してあまりいい印象を、持てなくなるはずです。

あなたも同じように、途中で諦めた事はありませんか?

そして、それが嫌な思い出になってはいませんか?

つまり、人は途中で諦めてしまうと
絶対に嫌な思い出になってしまうのです。

ですので、あなたが今何かに取り組んでいたとしても
絶対に途中で投げ出してしまわないで下さい。

投げ出してしまうと、あなたの頑張りさえも
嫌な思い出になってしまうので、
頑張れない人間になってしまいます。

どうしても、これ以上やりたくないと感じた時は
それが、今後の人生であなたの中に
トラウマとして残る覚悟で辞めてください。

もちろん、辞めて正しい事もあるでしょう。
辞める時期や状況は人によって違います。

ただ、その時に必死になって考えてみてください。

あともう一歩だけでも前に進めるのであれば、
もう一歩進んでから辞めてください。

投げ出したときは、荷物を降ろせるので
楽になった気はしますが、
変わりに罪悪感を抱えてしまうのです。

投げ出すときは、それくらい真剣に考えてください。

まだ、余力が残っていると感じるようであれば、
もっともっと限界まで頑張ってください。

諦める・投げ出すのはそれからでもいいはずです。

必死になって最後まで頑張った事は、
絶対にいい思い出になり、
あなたの人生をプラス方向に導いてくれる力になります。

その力をたくさん得るためにも
最後まで必死になって頑張ってみましょう!

人生は必ずより素敵なものになっていくのです。
頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:価値観

今日のやる気が出る話

自分を変える簡単な方法は、なりたいと思う人の行動を真似ること。
それが成功者であれば、あなたも成功者になれるのです!