やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

自分を変えるために必要なのは、自分の声に疑いを持つこと

皆さんこんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

どんどん寒さがしみるようになって来ましたね。11月もあと1週ですね。年末が近づいています。この時期になると、お鍋がおいしくなりますよね。

ヤフーの検索ランキングの鍋部門では「おでん」が1位、2位が「もつ鍋」、3位はなんと「カレー鍋」、まだカレー鍋は、食べた事はありません。寒さに負けないようにやる気を出して頑張っていきましょう!

さて、今日は「自分の中にいるもう一人の自分」についてのお話です。

あなたがもしも、今すぐにでも仕事を辞めたいと思っていたとしましょう。今すぐやめたいと思っているなら「今すぐやめればいいじゃん」と誰もが思います。でも、やめられないですよね。なにかしらの理由が出てきて、やめるのを食い止めようとします。あなたの中には反発しようとする存在がいるのです。

今すぐに仕事を辞めたいと思っているのにできないのは、そのもう一人があなたの進行を必死に食い止めます。これを表す言葉が「葛藤」ですね。

自分の行動は自分の考えでおおよそ決まりますが、その中にはあなたが意識していないたくさんの自分がいると言うことを忘れてはいけません。たくさんの自分がいるからこそ、場面に応じて色々な性格が出てくるのです。そして、その中であなたがどの意見を優先させているかで、あなたの性格が決まってしまいます。

ある人は、強気な姿勢でいつもいる。またある人は、弱気な姿勢でいつもいる。これは互いに強気な自分と弱気の自分を意欲的に成長させていったにすぎません。毎日繰り返すことで、その性格を引き出しやすくなるのです。

ですので、いつも悩み担当の意見ばかり聞いているようだと、憂鬱な気分になっていきます。

あなたの中にそれぞれに、悩み担当や不安担当、プラス思考担当や素直担当など、たくさんの担当がいて、意見を戦わせています。その中であなたがどの担当の意見を重視するか決めているのです。そして、いつも意見が通っている人はあなたの中で重要なポジションになれます。

これは会社で考えるとわかりやすいでしょう。社長にいつも否定されている人と、優先的に聞いてもらえる人。車内のポジションでどちらが強くなるのか、わざわざ考えるまでもありませんよね。

自分を変えたいなら選ぶ意見を変えよう

批判的な担当が強いAさんは、いつも批判的な事しか言わないのですし、プラス思考が強いBさんは、自分が壊れるほどショックな事があっても、プラス思考で乗り切れます。

担当の意見をどれくらい優先するかで、性格が変わるのはわかってもらえたでしょう。それでは、あなた自身のことを考えてみてください。

あなた中で、どの担当が一番強いですか?
その次に強い担当はどれですか?
最後に、その担当が強い事であなたの成功につながりますか?

この3点を考えてみて下さい。

もしも、成功につながると思うのであれば、今のままでいいと思いますが、成功につながらないのであれば、成功につながるとあなたが思える担当に頑張ってもらいましょう。

担当を強くする為には、その担当の意見をより多く取り入れる必要があるのです。まずは、多くの意見を取り入れて行きましょう。すると、あなたの行動変わるだけでなく、あなた中に浮かんでくる言葉も変わっていきます。成功に繋がる意見だけを取り入れていけば、自然と成功に繋がっていくのです。

頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:自己啓発

今日のやる気が出る話

問題が発生するのは、自分の中に問題が残っているから。
逃げ続けていても、いつか向き合わなければならない。
自分を成長させるために、今すぐに問題に立ち向かおう!