やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

ダメな負け方

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

負けるのはみんな嫌なことでしょうし、
なるべくなら負けないように生きていると思います。

しかし、負けにもいろいろな種類があり、
良い負け方と悪い負け方があるのはご存知でしょうか?

1番ダメな負け方は「あの世に逃げる」です。

つまり、死ぬことなのですが、
これを選択してしまうと、
そこからどうやってもやり直しがききません。

輪廻転生というものが本当にあり、
もしも仮に生まれ変われたとしても
前世の記憶なんてありませんので、
生まれ変わっても意味がないわけです。

ですので、何があろうとも、
死だけは選ばないようにしましょう。

次にダメなのは、戦わずに負けること。

戦っていれば、相手の強さや次の作戦など
考えられますが、戦わずに負けてしまうと、
次に活かせるものが何もありません。

本来であれば、勝ったときよりも負けたときの方が
得ることは多いのですが、
不戦敗の場合、得られるものがほとんどないのです。

戦っている人は、負けても成長しますので、
勝負し続けていれば、
いつか勝てるようになるでしょう。

しかし、不戦敗を選ぶ人は、成長しないので
ずっと負け続けるわけです。

長い人生の中ででずっと勝てないなんて地獄ですよね。

そうならないためにも、
戦うのがどんなに恐くても不戦敗は避けるべきです。

このように負けにもいろいろな種類があるというものを
理解していただくと、負けたときの感情に余裕をもてるようになります。

こっぴどく負けたとしても、「死」んでませんし、、
成長しない「不戦敗」より、はるかにマシなのです。

人はどんな状況にいても、成長する機会があれば、
必ず環境は改善されていきます。

その為には前に進むしか道はないのです。

諦めてしまえばそこで終わりです。

負けることを恐がる必要はありません。

戦わずに逃げることを選択してしまう、
そんな自分にこそ恐怖を感じるべきなのです。

活路を見出す為に、負けを素直に認め、
次は勝てるように改善は図りましょう。

どうしようもなくなったときこそ、
負けを利用して新しい道を探すチャンスにしてください。

負けても最後まで残っていれば、最後に笑えます。

負けた悔しさをバネに頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:自己啓発

今日のやる気が出る話

自分に夢がない人は、他人の夢がおかしく見える。
もしも、人の夢を聞いて笑いが出てきたら、自分には夢がないと危機感を抱こう!