才能よりも大事なもの

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

やりたいことが見つかっていない人ほど、
自分には何か才能が眠っているのでは
無いかと考えている傾向があります。

その為、仕事についても
「こんな仕事は私の天職では無い!」と
勝手に決め付けて仕事を辞めてしまうのです。

あなたにもそのような傾向があるのでしたら
少し考え方を変えてください。

才能はふとした瞬間に目覚めるような
特別なものではありません。

それどころか、ずっと身近にあるものなのです。

あなたが今、自分に何かの才能を感じていないのであれば、
それは自分のことを良く理解していない証拠です。

本当に自分を理解すれば、
才能なんていくらでも見つかるのです。

でも、才能を見つけるよりも
もっと大事なことがあります。

それは結果を残すことです。

結果を残したら、
どんなに才能がなくても問題ありません。

「才能があるから結果を残せる」と
考えている人もいるでしょうが、
大きな間違いです。

努力をしたから結果を残せるのであって、
何の練習もせずに世界記録を出した人なんていませんし、
何の勉強もせずに試験で100点取った人もいません。

どんな人であろうとも練習や努力をした結果、
記録や成績を残せるのです。

つまり、才能を求めるよりも先にすべきことは
結果を出す為に努力をすることなのです。

今の仕事は向いていないと転職を繰り返して、
それでも運が良ければ、自分に合う仕事が見つかるかもしれません。

しかし、自分に合う仕事が見つかってから努力をしても、
それまで地道に頑張っている人には
追いつけない可能性があるわけです。

そして、どんなに才能があっても
結果を出していない人には
何一つ仕事はまわって来ません。

他人が求めているのは、結果を出せる人であって
才能のある人では無いのです。

「才能のある人を求める」と言っている人も
結局のところ「長い年月をかけても良いから結果を出してくれ」と
考えているので、結果を求めていることには変わりありません。

もしも違うと思うのであれば、あなたが社長をやっている会社で
才能はものすごくあるけど、まったく売上げを出さない人と、
才能は全くないけど、たくさん売上げをあげる人では、
どっちを優遇しますか? という話です。

才能なんて全く関係ないのです。

本当に会社や周りの人から優遇をされたいのであれば、
才能云々悩む前に結果を出すことを考えてください。

結果を出し続けた先で、真の才能と巡り合えたら
あなたの成長を飛躍的に早めてくれるでしょう。

そのために、今あることを精一杯頑張って
自分の力を伸ばしていきましょう!

NEXT→ 失敗したら喜ぼう!

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

毎日が平凡なのは、あなたが平凡なことをしているから。
物語の主人公になりたければ、それにふさわしい行動をしよう。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事