普段の会話に気をつける

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは普段、プラスの会話と
マイナスの会話どちらが多いですか?

もしも、あなたがプラスだとはっきり言えなのであれば、
おそらくマイナスの会話をしてしまっているはずです。

それには理由があります。

そもそも人の自慢話なんて聞いてもあまり面白くないですよね。

それよりも、他人の悪口の聞いているほうが、
楽しい気分になるのではないでしょうか。

つまり、人は会話の方が、盛り上がりやすいのです。

ですので、あなたが意図的にプラスの話をしようと思っていないのであれば、
マイナスの会話をしてしまっている可能性が高いと言えるのです。

マイナスの感情を与える話を続けていると、
互いにやる気がなくなっていきます。

仕事をサボりたいなんて日常的に話していたら、
まじめに頑張るのがいやになるでしょうし、
誰かの陰口を言っていたら、
その人を自然と悪い目で見るようになるでしょう。

マイナスの話ですから、
互いに良いことなんてまったくないのです。

しかし、普段から意識をしておかなければ、
マイナスの会話しかしない人間に
自然となってしまう可能性があるのです。

逆に言えば、プラスの人間になりたいなら、
意識を変えるだけで十分プラスの人間になっていけるのです。

自分を決めているのは、
普段回りの人たちとどんな話をしているのかで
決まっていきます。

ですので、冒頭で質問を思い出してください。

今度はプラスの会話をしていると
はっきり言えるように普段の会話を変えていきましょう。

自分への悪口はもちろん。他人の悪口を言わない。
バカやアホなどの軽い気持ちで悪口を口にしない。
関係ない人の不幸話に首を突っ込まない。

など、なるべくマイナスになる会話を避けてください。

それだけであなたは
夢にあふれるパワフルな人間になっていくのです。

普段の会話を意識して頑張っていきましょう!

NEXT→ 今を変えれば未来は変わる

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

結果を出すのが難しいのは、あなただけの問題ではない。
難しい問題を頑張って乗り越えた人だから成功者。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事