やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

努力の先にあるもの

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

みんなの記憶に残るような素晴らしく、
そして、偉大なことをやりたいと誰もが思うことですが、
なかなか行動に繋がりません。

なぜだと思いますか?

それは、最初の一歩を良くわかっていないからなのです。

例えば、オリンピックのマラソン競技で
金メダルを取りたいと思っていたとします。

しかし、あなたは陸上の経験すらありません。

この場合、まずは陸上部に入るとか、
マラソン関係のトレーニングを始める必要がありますよね?

しかし、当然の事ですが、
先が遠すぎてよく見えないと思います。

人は先が見えないものには近寄らないものですので、
「私にはマラソンで金メダルなんてとれない」と思ってしまい、
金メダルを取りたいと思った事も忘れてしまうでしょう。

このように人は大きな夢があったとしても、
そのゴールが大きすぎて何をすればいいのか
わからなくなってしまい、夢を諦めてしまうのです。

確かに金メダルを取るくらいの実力をつけるのですから、
世界で一番努力をする必要があります。

そして、それはどんな事でもそうですが、
一番になりたいと思うのであれば
誰よりも一番努力をする必要があるのです。

それは当たり前のことなのです。

しかし、陸上もやった事が無い人にしてみれば
世界で一番努力する事なんて絶対不可能だと思うでしょうし、
実際に出来るわけはありませんよね。

でも、良く考えてみてください。

オリンピックで金メダルを取った人はいきなり
世界で1番努力したのでしょうか?

つまり、一番初めから世界で一番努力をしていたのか?
と言う事ですか、これはおそらく「NO」でしょう。

地道な練習を積み重ねて
いつの間にか世界で一番努力できるようになったのです。

決して、一番初めから世界で一番努力できたわけではないのです。

ですので、オリンピックの金メダルを目指していても
はじめは軽いランニングでも、
地区大会で優勝程度の目標でもいいのです。

その積み重ねがいつか、
大きなトレーニングにも耐えられるようになるでしょうし、
より大きな大会で優勝を狙えるようになっていくのです。

あなたが大きな夢を叶えたいと思ったときに
いきなりゴールの時の自分と重ねる必要は無いのです。

最初は小さな一歩かもしれませんが、
それがいつかは大きな一歩になるのです。

小さな一歩だからこそ、簡単にやれる事でしょうし、
誰にでも出来る事なのです。

しかし、その小さな一歩を
馬鹿にしてやらない人が大半なのです。

ですので、あなたが夢を叶えたいと思ったときに
小さな一歩を踏み出した自分に胸を張りましょう。
どんなに周りが「その程度やっても結果につながらない」といったとしても
その一歩を踏み出した自分を誇りに思いましょう。

そして、さらに自分を誇りに思えるように前に進み続けてください。

すると、いつの間には「誰も真似できないような大きな一歩」で
あなたは軽々前に進んでいけるようになっているのです。

小さな最初の一歩を踏み出せば夢は大きく近づくのです。

あなたが踏み出そうとしている
その小さな一歩が
歴史残る大きな記録に繋がっているのです!

頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:夢実現

今日のやる気が出る話

思いついたら即行動
その気の持ち方が自分を成長させる。
気持ちがあればいつでも成長できる。