自己責任は自分を成長させる

皆さんこんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

会社の社長は、好きなときに働き、好きなだけ休んでいます。

これは、会社で一番偉い人にだけ与えられた特権なのですが、
不思議なものですよね。

一番会社で楽をしているのに、
一番会社からお金をもらっているのですから、
本当に不思議なものです。ま、楽というとなんですが、
社長は仕事ができるかどうかの目安はたった一つだけです。

問題がおきたときに、解決できるかどうかそれだけです。

あとは、何もしなくてもいいのです。
下が勝手にやってくれますし、気に入らないことがあれば、
注意するだけでいいのです。

というか、社長が自ら、あれやこれややっているようでは、
今後の成長も見込めない会社でしょう。

つまり、何もしない事が仕事で、
あとは、責任を取るだけでいいのです。

これが大手の会社の社長の考えですが、
小さな会社は違います。

自分で全てをやり、従業員よりも先に会社に来て、
仕事をしなければなりません。

そして、責任も自分で取らなければならないのです。

そのうえ、稼ぎもあまり無いので、従業員と
あまり変わらない給料しか得る事ができないのです。

同じ社長でも大きな違いですよね。

もしも、あなたが経営者になる事を選んだとしたら、
どちらの経営者になりたいですか。

人に任せられる事は、全て任せてしまい、
責任だけを取ればよい大きな会社の社長ですか。

それとも、自分のやりたい事だけをやって、
責任も自分で取り、従業員と同じだけの
給料しか稼ぐ事が出来ないような社長ですか。

どちらの社長になっても、唯一つ言える事が
責任を取る必要があるということです。

このことから、わかる事が、責任を取るようになったときが
一番稼げるようになった証拠でもあり、
社長が責任を取ってくれることで、
従業員達ものびのびと働く事ができるようになるのです。

そして、それは社長にならなくても出来ることですよね。
あなたがやる行動の全てで責任をとる事が
出来れば、あなたは稼げるようになるのです。

一番、大きな問題で責任をとれる人になれば、
会社で稼げるようになるのです。

まずは、自分でやった事の責任は
自分でとれるようになりましょう!

NEXT→ 上達を早めるコツ

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

問題が発生するのは、自分の中に問題が残っているから。
逃げ続けていても、いつか向き合わなければならない。
自分を成長させるために、今すぐに問題に立ち向かおう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事