やる気を出す方法を詳しく解説。夢実現と目標達成を応援するお悩み相談サイト

自分に負けない

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

成長していくと必ずどこかで邪魔が入ってしまいます。

ライバルであったり、中傷であったり、壁であったりと
様々な障害があなたの邪魔をしてくるでしょう。

でも、本当に邪魔をしてくるのは、
そんなものではありません。

本物の邪魔に比べらたら
それらは全部かわいいものなのです。

本物の邪魔とは、
それはあなた自身の思い込みです。

夢を諦める人の9割以上が、
自分の邪魔に負けて夢を諦めてしまっているのです。

他人やものではありません。
自分自身に負けているのです。

「自分が叶えたい夢を自分で邪魔するわけがない」と
考える人もいるかもしれませんね。

でも、夢を諦める多くの理由が
この自分の邪魔が原因なのです。

そもそも、どんなに才能がないとまわりから言われても
自分が楽しいと思っていればやめません。

また夢を追うことでどんなに生活が苦しくなったとしても
自分が楽しいと思っているうちは続けてしまうのです。

これは、ギャンブルやお酒に溺れて生活を壊すほどの
借金をする人がいることからも分かるはずです。

タバコを楽しめる人は健康を害する可能性があっても吸うわけです。

人は、自分がやりたいと思っていることのためなら
どんな生活になっても我慢しますし、
大丈夫な理由も自分なりに考えるのです。

つまり、お金や才能などがどんなに無くても
楽しいと思っているうちは絶対にやめないわけです。

楽しければどんなに惨めな生活になっても
我慢できるのが人間ですから、
辞める理由として「お金」や「才能」なんて2の次なのです。

どこまででも頑固になれるのに、
簡単にやめてしまうのは、それをやるのが辛くなるからです。

例えば、あなたは文章を書くのが好きな人だったとします。

この場合、最初は文章を書いているだけで楽しいです。
しかし、人間は欲張りですので、
必ず次のステップを目指してしまいます。

次は、誰かに文章を読んでもらいたくなるでしょう。

最初は、自分が書いたものを誰かが読んでくれるだけで満足します。
でも、それに慣れると、また次のステップを目指すわけです。

今度は褒めてもらいたくなります。
褒めてもらった後は、本として売り出したいとか
賞に送って、賞金をもらいたいなど

欲望がどんどん増していくわけです。

全てがうまくいくわけではありませんので、どこかで必ず挫折します。

そこで「才能がない」とか「生活が出来ない」などと言って
夢を諦めてしまうわけです。

けれどこれは、本当に才能がないとか、生活が困るから
言っているわけではありません。

あなた自身が、頑張っても無駄だと、
自分の声に誘惑されてしまっただけなのです。

「面白いと言われないから」「賞が取れないから」
「次回作が書けないから」などと理由は様々あると思います。

でも、諦める時は常に自分の邪魔に負けたときだけなのです。

夢を諦めそうになったとき、
邪魔をしてくるあなたの弱さに負けないでください。

他人に勝てというのは難しいかもしれませんが、
自分に負けないというのはそれほど難しいことないはずです。

しかし、何よりも一番大事なことなのです。

自分に負けないように、精一杯前を向いていきましょう。
夢は必ず叶うのですから

頑張っていきましょう!

著者:やる気プロデュサー『上田 洋輔』について

根っからの怠け者で、堕落しまくっていたが、とある挫折で人生に危機感を覚える。セミナーや教材などを漁り、知識を増やしていき、様々な出会いから、誰かの悩みを解決することに生きがい見出す。やる気プロデューサーとして活躍し、すでに10年以上。今日も誰かの助けになるために奮闘中!

カテゴリー:夢実現

今日のやる気が出る話

褒めてもらえないと嘆く前に、誰かを褒めましょう。
自分が褒めないから他人も褒めてくれない。