コミュニケーションで悩んだら

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

人を注意する時にあなたは
感情込めて怒っていませんか?

学校ではコミュニケーションをとる上で一番大事な
人の褒め方や叱り方を教えてくれません。

ですので、多くの人が叱り方や褒め方を間違って覚えているために、
部下や家族、友達、恋人などに誤解を与えてしまい、
せっかく褒めたのに相手に伝わっていないとか、
良くなってもらおうと注意をすると相手から非難されたりするのです。

例えば、あなたが起こした失敗の中に、
「そこまでいわなくてもいいじゃないか!」と
注意した相手を非難したことは無いでしょうか?

相手が実際にあなたをコテンパンに痛めつけてやろうと思って、
あなたを注意した可能性ももちろんありますが
多くの場合は、あなたを傷つけるようと思ったのではなく、
改善してもらおうと注意をしただけなのです。

しかし、注意の方法を間違っていたために、
あなたは、「そこまで怒らなくても」と感じてしまったのです。

このように多くの人が叱り方や褒め方がわからずに
うまく自分の伝えた意図が伝わっていないなんて事が
現実でよく起こっているのです。

では、人を注意する時はどのように
注意するのが一番良いのでしょうか?

それは、決して感情を込めないことです。

相手が失敗して、自分に迷惑がかかったりすると、
多くの人が感情的になり、
その状態のままで相手を注意してしまいます

こうなると、言葉的には「これからちゃんとしてね」程度だったとしても、
感情からのプラスの攻撃を受けるために
大きな注意をされた気持ちになってしまうのです。

つまり、言葉で1しか言っていなくても、
感情が9入っていると合計で10の注意をされたのと
同じ気持ちになってしまうのです。

そのために、注意された方からしてみれば
「あの程度のミスでここまで言わなくてもいいのに!!」と
なってしまい、怒りの感情しか沸いてこなくなるのです。

ですので、人を注意する時は感情を伝えてはいけないのです。

自分のストレス発散のために
相手を怒鳴り散らしたいのなら話は別ですが、
相手に改善してもらおう、
良くなってもらおうと思っているのであれば、
わかってもらいたいことは怒りの感情ではなく、
「改善点や失敗しない方法」のはずです。

それであれば、余計な感情を相手に伝えるよりは
「改善点や失敗しない方法」を淡々と伝えてあげれば
相手は理解するのです。

このように感情は注意をするうえで非常に邪魔な存在ですので
感情に流された注意をするのは絶対に止めましょう。

とはいえ、感情は注意する時は邪魔者ですが、
相手を褒める時には素晴らしい活躍をしてくれるのです。

つまり、褒める時は思い切り感情を伝えましょう。

これも注意の時と同じなのでが、
感情が言葉を後押ししてくれるために、
1しか褒めていなくても、感情が9入っていれば
10褒めているのと同じ効果をもたらしてくれるのです。

非常に素晴らしいことですよね。

ですので、褒めるのが下手だと思うのであれば
感情を大げさなほどに伝えてあげれば相手はより喜ぶのです。

相手にとってうれしいことであれば、たくさん感情をプラスし、
逆に嫌なことであれば、感情を入れるのは出来る限り減らしていく事を
意識するだけでコミュニケーションをもっとスムーズにする事が出来るのです。

多くの人がついつい逆のことをしてしまい、
注意する時に感情をむき出しにし、
褒める時に感情を入れない事が多いので
相手にうまく伝えたい事がつたわっておらず
コミュニケーションに悩んでしまっているのです。

このように感情は言葉をより大きくする働きがあるので
使いどころはきちんと正しく使っていきましょう。

褒め方と叱り方のコツは自分の感情のコントロールにあるのです。

相手にきちんと伝えるために
自分の感情のコントロールを覚えていきましょう!

NEXT→ 相手の嫌な事が見えたら

今週のおすすめ書籍

自立型人材育成コンサルタントの「横川裕之(よこかわ ひろゆき)」さんが提唱する「すぐやる」行動力が身につく方法のご紹介です。「伝える力」が格段に高まり、ネガティブな感情をコントロールできるようになっていきます。読者の多くが素早く決断できるようになったと感激の声を上げているのも魅力です。

新しいアイデアが次々とわいてきて、相手の気持ちが読めるようになるなど、思考を文字にすることで、人生は大きく飛躍します。しかも、1日たったの15分あるコトをするだけ。人生を変える「思考のブレーキ」の外し方を手に入れてみませんか?

結果はいつもあなたが引き寄せている。
失敗してもそれをチャンスだと考えれば、別の展開が見えてくる。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事

  • 「夢を叶える方法」 ~やる気を出すマニュアル~

    オススメ

    どんなに大きな夢でも考え方を一つ変えるだけで、叶えられるようになるのです。夢を夢のまま終わらせないで。完全に夢を諦める前にこちらを手にとって下さい。読み終えたとき夢へ大きく……続きを読む

  • 仲間作りの必要性

    人間関係

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたも人間ですので、 絶対に自分では出来ない事が 少なからずあることでしょう。 例えば、あなたは英語が苦手で英語で言われ……続きを読む

  • 相手をやる気にさせるには?

    人間関係

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは誰かにやる気になってもらいたくて、 がみがみお説教をしたり、 真剣にはなしをしたりしたことはありませんか? 親が子……続きを読む

  • 夢を見つける方法

    オススメ

    夢は将来のビジョンになる。夢が大きければ大きいほど人生は豊かになっていく。夢がない人生は花火のない夏休みのようなもの。あなたに夢がないなら、一緒に見つけていきましょう……続きを読む

  • 話を面白くする

    人間関係

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは話に困ったことありませんか? 自分の話に自信のない人は、 『ネタ』がないからだと考えがちです。 話題がないから……続きを読む

  • 人間関係も時間が解決

    人間関係

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 前回の記事では、時間を使うことが夢の実現に近づくと 書かせていただきましたが、 そこに『時間を使っても人間関係の改善はできない』……続きを読む

  • 簡単にプラス思考になる方法

    オススメ

    同じコトを学んでもマイナス思考の人よりプラス思考の人の方が成長は遙かに早い。マイナスの思考ばかりしていると同世代はもちろん、下の世代にも勝てなくなる。プラス思考になるのは非常に簡単……続きを読む

  • 成長する上で一番大事なのは『素直さ』

    人間関係

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは今、英語をスラスラと話すことができますか? おそらく多くの人が自信ないと答えるでしょう。 何年も学校で勉強しても ……続きを読む

  • 否定するのは不安な証拠

    人間関係

    皆さんこんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 相手がやろうとしている事が、 やたらと気になったり、意見を求められる前に 口をだしてしまい、相手の考えを否定してみたり、 ダメだ……続きを読む

  • 仕事を10倍楽しくする方法

    オススメ

    人生の多くは仕事に費やされています。仕事が楽しくないとイコール人生が楽しくないのと同じ意味を持っているのです。仕事が楽しくなれば人生が楽しくなる。あなたの人生をより豊かに……続きを読む