悪い感情は引きずらない。

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

嫌なことがあると、
気分まで嫌なものになっていませんか?

おそらく、多くの人が
起きた出来事によって
自分の感情を揺さぶられているはずです。

わかりやすく言うと、
良いコトがあると、楽しい気分に、
嫌なコトがあると、苦しい気分に、
なっているということです。

すごく当たり前のことだと思われるかもしれませんが、
これらの反応を起こしているのは自分自身なのです。

「え? 原因があるから感情が動いたんだろ?」
もしかしするとそのように考える人もいるかもしれません。

しかし、どんな状況であろうとも、
本人の意思で感情は決まっているのです。

逆に言えば、どんなに周りが頑張っても、
本人が絶対に無理だと言えば、無理ですし、
やる気が出ないと言えば、やる気は出せないのです。

感情を動かしているのは、
常に自分の意思だと念頭に置いておいてください。

その上で考えて欲しいことがあります。
それは、いつまでその感情でいるのかというコトです。

人間はどんなに頑張っても
嫌なことは嫌ですし、嫌いなものは嫌いです。

また、面白いものを見れば声を出して笑いますし、
うきうきとした感情を隠し通すのは難しいでしょう。

ですので、感情を出してしまうのは仕方ありません。

問題は、その感情にいつまで振り回されると
満足するのかを一度考えてください。

例えば、楽しい気持ち。
これはやる気にも繋がりますし、
元気になりますので、一日中でも持続して良いでしょう。

しかし、反対に辛い気持ち、苦しい気持ちはどうでしょうか?

これは自分だけではなく、
周りに対しても迷惑になります。

イラついている人の側に行くと、
自分も気持ちがイライラしてきますよね。

このように怒りを感じてしまうと
周りまで不幸にしてしまうのです。

ですので、怒りやつらい気持ちなどのマイナスの感情は
一秒でも早くお別れをした方がいいのです。

そのために、どうすればいいのか?
それは行動するしかありません。

人の感情が一番プラスになりやすいときは、
自分の意思で行動したときです。

「よし、頑張ろう!」
そう声に出して言うだけでもやる気になるはずです。

反対にマイナスの感情になるのは、
言い訳をして動かないときです。

動けない理由を考えれば考えるほど、
気持ちはマイナスになってしまうのです。

人は元来怠け者ですので、
働かなくてもいい理由を見つけたら
それに甘えて、正当化してしまいます。

結果、やる気はどんどん無くなり、
愚痴ばかり言うようになるわけです。

ですので、何かを理由に動かない人は
気分はずっとマイナスのままなのです。

気分を変えたいなら、何かを目標して動きましょう。
難しいものでなくても構いません。

目標を自分で決めて、「よし、やるぞ!」と声に出して
行動をすれば良いだけなのです。

それだけで簡単に気持ちは前向きになり、
嫌な感情も少しずつ無くなっていくでしょう。

マイナス感情の原因は常に自分の行動です。
自分を奮い立たせて、前向きに歩いて行きましょう!

NEXT→ 続けたいなら心を変えよう!

今週のおすすめ書籍

著者ドミニク・チェンは1981年、フランス国籍の東京生まれ。博士(学際情報学)を持ち、日仏英のトリリンガル。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)Design/MediaArts専攻を卒業した後、2008年に情報サービスの企画・開発・運営を行う株式会社ディヴィデュアルを創業し、多数のウェブサービスとスマートフォンアプリケーションを開発するなど、その活動は幅広い。

本書では新しい概念「環世界」について書かれてあり、人生観を大きく変えるような衝撃的な内容を目の当たりにできます。一風変わった角度から人生について考え直してみたい人におすすめです。

目の前の人を幸せにすることは、世界中の人を幸せにすることにつながる。
夢が見つからないときは目の前の人を幸せにする方法を考えよう!
メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事