他人の目が気になる場合

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

何かをしようと思ったとき、
他人の目、気になりませんか?

人が行動しない一番の理由。
それは他人の目が気になるということです。

例えば、立候補制の仕事があったとして
あなたは真っ先に手を挙げることが出来ますか?

もしも、出来ないと思うのであれば、
その理由を考えてみてください。

おそらくですが、他人からどのように思われるのかが
気になって手を挙げられないのではないでしょうか。

文句、罵倒、嘲笑、侮辱など、
他人の目を気にしてしまうと
なかなか目立った行動は難しくなってしまいます。

人間は一人で生きているわけではないので、
他人の目の呪縛から逃れるのは難しいのです。

しかし、他人の目を気にしていても何も始まりません。

いつも言っていることですが、行動しなければ
結果が出ないように、他人の目を気にしているだけでは
何一つ、状況は変わらないのです。

つまり、他人の目を気にしながらも、
それでも実行できた人だけが成功をつかめるわけです。

ですので、何か目標があるのであれば、
他人の目なんか気にせずに行動してください。

それが難しいと思ってしまうなら、
考え方を変えましょう。

そもそも、誰からも文句を言われないこと。
これは基本的に存在しません。

驚くかもしれませんが、何か行動して誰からも
文句を言われないと言うことはないのです。

もっと言うと、何もしていないという理由でも
腹を立てる人もいると言うことです。

世の中には、手を挙げて『目立って』文句を言われる人もいれば、
何もしないから『役立たず』と文句を言われる人もいます。

何をやっても、気に入らない人は
気に入らないと文句を言うわけです。

行動をした人が文句を言われやすいのは、
目立つからです。これ以上の理由はありません。

目立った分だけ、気に入らないと思う人の目に
触れやすくなってしまうからです。

どんなにすばらしいことをしても、
それを妬んだ人がいれば、愚痴が出るでしょう。

逆にひどいことをしても、それをすばらしいと思う人は
手放しに褒めるでしょう。

あなたが何をやったかで、他人は反応を決めているのではなく、
他人は『自分なり』の価値観で判断しているだけなのです。

そんな自分勝手な他人の評価を気にして
何も出来なくなるのはもったいないと思いませんか。

失敗しても、成功しても、文句は出てくるでしょう。
であれば、他人を気にせずにやりたいことをやれば良いのです。

それだけで、あなたの成功が近くなるのであれば、
やらない方がもったいないのです。

『どうしようかな?』と悩んだときに
他人の目を理由に悩んでいるのであれば、
何も考えずにやるべきです。

失敗したら、そこから頑張って成長すれば良い。
成功したら、もっと成長すれば良いのです。

目の前にチャンスが来たら、
周りを気にせずに手を伸ばしてください。

それだけで、成功できるのですから。
どんな状況でも周りを気にせず、
頑張っていきましょう!

NEXT→ 失敗を活かせば成功しかない。

今週のおすすめ書籍

古い本になりますので「今さらなに?」と思われるかも知れないません。しかし、この本で書かれている内容は非常に素晴らしく、テーマにマッチしていましたのでいので、今回ご紹介しました。

問題解決について色々と書かれてあり、非常に実践的です。社会人なら誰でも知っていることだけど、実践できている人はかなり少ない。そんなことがしっかりとまとまっています。時間のあるときにちょこちょこ読むだけで、問題との向き合い方が是全然違うものになるでしょう。問題からすぐに逃げてしまう人に、ぜひ読んで欲しいおすすめの書籍です。

行動が伴わない言動に説得力はない。
リーダーになりたいなら、まず最初に動く癖をつけよう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事