何をしても責任を取れば問題はない

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは失敗を怖がっていませんか?

正直な話をしますが、
人生は自分で責任を取れる範囲であれば何をしても良いのです。

本当にその責任を果たせるのであれば、
もちろん犯罪だってかまわないわけです。

人をどんなに傷つけても相手が示談に応じてくれれば、
罪には問われない場合がほとんどなのです。

でも、人を生き返らせる方法がないから、
人を殺せば刑務所に入れられます。

ここからわかるのは、人を生き返らせる方法があるのであれば
殺人だって必ずしも刑務所のお世話になる対象ではないということです。

刑務所に入るのはつらい事だと考えている人が多いですが、
実は違います。刑務所に入るというのは責任から逃げた証拠なのです。

誰かに悪い事をされた時に多くの人は
責任を取って欲しいと思っています。

あなたも最愛の人が殺されてしまったら、
犯人を憎んで『死刑にしろ!』叫ぶかもしれません。

でも、仮に生き返らせることが出来たら、
おそらく相手を恨むのではなく、生き返らせて欲しいと願うはずです。

さて、刑務所の話をしたいわけではありませんので、
そろそろ本題に戻ります。

今回の話で分かって欲しいのは、
失敗をして責められるのを怖がっているだけではありませんか?
ということです。

もしも、あなたが失敗して、みんなから責められてしまったら、
それは責任が取れないようなことをしてしまっただけなのです。

失敗を恐れる必要なんてありません。
責任を取ればいいだけなのです。
難しくはありません。
責任さえ果たせば人は必ず許してくれます。

失敗を恐れて何もしないよりは失敗したら
どうやって立ち直るのかを考えてみてください。

すると、意外と責任なんて
大したものではないコトに気が付くはずです。

だって、多くの場合は『お金』で解決できます。
もしくは『技術』などの専門的な知識かも知れません。
そして、最後には『謝罪』しかありません。

責任の取り方なんて、そんなに多くはないはずです。

責任から逃げて、何もせずに人生を終わらせるよりも、
責任と向き合って、失敗を恐れずに行動する方が
結果として良い人生になる筈です。

人を殺してしまっても、生き返らせる方法を見つければ
おそらく許されます。そして、多くの人に感謝されるでしょう。

わかりますか、失敗した後に何を成したか。
それだけで人からの評価は全く違うモノになるのです。

責任を取れるかどうか分からないから
失敗に対して不安になるのはわかります。

でも、本当に怖いのは、失敗を恐れて何もしないコトです。
何もしなければ、責任が回ってこない代わりに
成長もないからです。

人は、社会と他人のために
何かをしようと思った時に飛躍的に成長します。

失敗から逃げずに、正面から向き合って
責任を果たせるような人間を目指していきましょう!

NEXT→ 憧れの人を探そう!

今週のおすすめ書籍

人生のほとんどは「思い込み」でできている!をキャッチコピーに、思い込みをうまく利用して人生をより良くしていこうとテーマで描かれています。自分の性格さえも思い込みでできていることを理解すると、目の前がパッと開け、今までできなかったことに簡単にチャレンジできるようになります。

思い込みは人生の足枷になっていることが多々あり、それを変えていけば、人生が明るくなるのは当然です。こんな話をしても「そんなにうまい話なんてない」と思うかも知れませんね。そうです。それが思い込みの力です。

本書では思い込みを外す方法も書かれてありますので、自分を変えたい、人生をよくしたいと少しでも考えるのであれば、絶対読んで欲しいおすすめの書籍です。

行動が伴わない言動に説得力はない。
リーダーになりたいなら、まず最初に動く癖をつけよう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事