マイナス発言

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

人間誰しも、否定的な意見を言ってしまったり、
言われてしまったりすると思います。

否定的な意見を言ったと気がついたら、
即座に謝っておきましょう。

それはなぜか?

否定的な意見は、マイナスを生みますので、
余計な誤解を与えてしまう可能性が非常に高いのです。

言われてしまった時の自分の感情を考えてみると良くわかると思います。

例えば、がんばって成果をあげるためにやっていたことなのに、
突然、「それやっても意味無いから」とか言われたり、
「勝手なことしないで」等と言われてしまうと
すごく腹が立つのでは無いでしょうか。

もしくは、やる気を無くすなどのマイナスの感情が出てくると思います。

このようにマイナスの発言には、人をやる気させる力なんてありませんし、
「くそ!こいつに言われないようにがんばろう!」と思っても、
言われた人をプラスに解釈する事はありません。

職人気質の人は、否定的なことだけを伝えて改善を図るように教えがちです。

確かに人を伸ばす時には、こちらの方が良いかもしれませんが、
絶対的な尊敬が無い人がやっても、この方法では効果はありません。

職人芸の場合は、親方は絶対的な実力を持っているので、
自然と尊敬が集まるのです。

ですので、否定的なことばかりを
言っていたとしても弟子はついてくるのです。

このような場合は例外ですが、
日常の生活の中でものすごく憧れている人なんて
そばにはほとんどいないものですし、
ましてや絶対的に尊敬できる人もまずいないでしょう。

つまり、否定的な意見は、
プラスにとらえられる事はほとんどないのです。

もしも、あなたが相手に対して「それは間違っている」と思ったことでも、
伝え方を一つ間違えるだけで、相手にしてみればものすごい
やる気をダウンさせてしまう結果となるのです。

ですので、相手に否定的に意見を言わなければならない時は
言葉一つ一つを心から考えて喋る必要があります。

なにか一つでも誤解をされてしまうと、
あなたが言った事がすべてマイナスの効果になってしまうこともあるのです。

これでは、あなたが相手の行動を直してもらうための
アドバイスをしたつもりでも逆効果になりかねません。

これでは、せっかく時間を使って話をしても意味がありませんよね。

このような事にならないためにも、マイナスの発言をしてしまう場合は
ものすごく気を使って喋りましょう。

気を使うだけで、きちんと話ができるような
喋りがうまい人はいいのですが、
その自信が無い人はマイナスの発言はやめましょう。

絶対に誤解されてしまいます。

誤解されてしまうと裏で何を言われるか
考えただけでも恐ろしい事になります。

マイナスの発言にならないためには、
何かを伝える時には、必ずプラスの発言で終わるように心がける事で
相手に与える印象が大きく変わります。

例えば、「素晴らしい。しかし・・・」ではなく、
「素晴らしい。そして・・・」とすれば、
プラスの発言になるはずです。

マイナス発言になりやすい言葉
「でも」「だって」「だったら」「なのに」等が代表的にあげられます。

この辺を言ってしまった時は、要注意です。
謝る準備をしておきましょう。

さあ、あなたの発言で誰かのやる気が無くなる事がないように、
今日も精一杯、誰かにプラスの感情を与えていきましょう!

NEXT→ 悪いことをしたら、選択は2つ

今週のおすすめ書籍

大人気メンタリストDaiGoが推薦するやる気を出すための新しいメカニズムを紹介してくれる。まず覚えておくべきことは、やる気の出し方は人それぞれ違っているということ。人を8つのタイプに分け、それぞれに最適の方法を解説されている。色々試してみたけど、なかなかやる気が出ないというときには読んでみると役に立つかも知れません。

相手に悪いことをしてしまって、心の中でみんな反省している。
だけど、心の中でいくら思っていても、言葉にして伝えなければ相手に届くことはないのです。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事