やる気が出ない場合の対処方法

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

やる気がいつもないと思っている人でも、
何かに没頭できるほど夢中にやれる人はいます。

例えば、漫画ならいつまででも読んでいられるとか、
ゲームなら1日やっていても飽きないとか、
サッカーなら毎日やっても楽しくてしょうがない、などなど…

勉強や仕事に対しては、ほとんどやる気が出ない人でも
趣味にはやる気がいっぱい出せるという人って結構いますよね。

実際に動いていなくても、窓の外眺めてぼぉーとしているのが好きとか、
日向ぼっこして縁側でのんびりしているのが好きという話を聞くと
やる気がないように思えるでしょうが、
実は、ぼぉーとするために行動していますし、
同じように縁側でゴロゴロするのも実際に行動しているのです。

つまり、何も動かない事でもやる気がなければ出来ないのです。
ですので、やる気が全く無い人なんてまずいません。
やる気がないのではなく、やりたくないだけなのです。

やる気がないから、できないという考え方をまず捨てて、
なぜ、やらなければならない事をなぜやりたくないと考えるのかを
解決する事がやる気を出す方法になるのです。

やりたくないというのは、色々な要因が関係していて、
1つだけの原因ではないのです。

明日にまわしてしまう、完璧にやらないとダメだとか、
絶対に解決できないと思うのにやらなければならないとか
集中力が乱れて、1つの事に集中出来ない等の
その場の原因で色々とやれない理由が出てくるのです。

そのような状態の時に、「やる気をだせ!」と言われても
出るわけがありませんし、自分で「やる気をだそう!」と
思っても出るわけがないのです。

このような状態の時は、やらなければならないことを
書き出してみて、少し低い目標を立てみましょう。

そうすることで、今までよりも、少しやる気がでてきませんか?
100点とる事は難しいけれども50~70点くらいなら
いけると思いませんか。

もしも、完璧な結果を求めている人は、
100点じゃなきゃやる意味がないと思っているかもしれません。
そういった考えもやりたくない気持ちにさせるので、
そこも、少し低い目標で考えるようにしてみて下さい。

0点よりは50~70点の方が良いと思いますし、
やっていく中で100点に引き上げていけばよいのです。

このように、少し目標を落とす事により、
やりたくない気持ちが少し減り、やる気が少し出てくるのです。
それでも、やる気が出ない場合は、もう少し目標を下げてみると
いいのですが、1つだけ絶対に忘れないで欲しい事があります。

それは、目標を下げただけで、
やらなくも良いと言っている訳ではないということです。

中間地点を明確にしただけであり、ゴールは変わらないのです。
そこは誤解しないようにしてください。

それでは、やる気がなかなかでない時は、
少し目標を下げてとりあえず、やれる方向に気持ちを持っていく。

これが出来るだけで、やらずに終わるという事がかなり減ります。
ぜひお試し下さい!

NEXT→ やる気が出ないと悩んだら

今週のおすすめ書籍

文章を書いていると一番思うのが言葉を伝えることの難しさ。でも、文章は何度も読み返して推敲ができるから、言いたいことに限りなく近づけられる。でも、言葉にして「伝える」となると、読み返すこともできず、たった一言で相手を誤解させてしまう。

いつも余計なことを言ったり、相手を怒らせてしまうと感じる人に向けて書かれた、あなたの言葉が「人を動かす」ようになる新時代のバイブル。伝えることを研究してきたプロフェッショナルのビジネスパーソンふたりが、「伝える」ことの真の目的と意義、そのための思考法やテクニックを語り尽くす。伝えることをもっと学びたい人におすすめの1冊。

悩みが出来たら喜んで対応しよう!
あなたが成長する為に、神様から与えられた贈り物なのです。
悩みの解決は人を成長させるチャンス! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事