自分の作品への点数

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは自分の作品の良し悪しを
きちんと把握していますか?

これを簡単に調べるいい方法があります。

それは、自分が作り上げたものを
客観的に見ているのかどうかということです。

本当の素人というのは、
わかっていないことさえも
わかっていない状態です。

あなたが自分の作り出した作品がどれくらい悪いのか、ダメなのかを
客観的にあげられないのであればまだ3流ですらないということです。

とりあえず3流になりたいのであれば
自分の下手さを理解することから始めてみてください。

何かを完成させたとき人は必ず良い部分から見てしまいます。

そのために自分の成果を客観的に見るのではなく、
贔屓目で見てしまい
正しい評価が出来なくなってしまいがちです。

そんな状態では自分の作品への
正しい評価なんて出来るわけがありませんよね。

ですので、自分の作品の評価を
素直に正しく見ることができるようになるのは
成長していく中で最初のステップなのです。

悪い部分をきちんと理解していないと、
良い部分もきちんと理解できません。

どんな人でも自分の作品は必ず贔屓目でみてしまいます。
まずそれを理解してください。

理解した上で、自分の作品をもう一度見直してみましょう。

いくつくらい悪い部分が見えてきましたか?

中には悪い部分がたくさん見つかって落ち込んでしまう人も
いるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

悪い部分がたくさん見つかるということは
もっと良くなる可能性があるわけです。

「ここはダメだな」と感じる部分が見つかったら
そこを精一杯修正・変更してみましょう。

作品の質がもっと高くなるはずです。

自分の悪い点を見つけられるというのは
それだけ重要なことなのです。

素人は悪い部分を見つけられないので
どんなに見直しても作品の質が上がりませんし、
1流の人は3流の人の何倍も自分の作品の悪いところがわかるから、
悪い点がなくなるほど完璧な作品に仕上られるわけです。

悪い部分が見つかったら、
それは自分の実力が上がった証拠なのです。

贔屓目でみて良いとするのではなく、
悪いものは悪いと判断できるようになっていきましょう。

自分の作品への正しい評価こそが、
その作品をより高いレベルに導く為の近道なのです。

頑張っていきましょう!

NEXT→ 仕事に対してのお値段

今週のおすすめ書籍

著者ドミニク・チェンは1981年、フランス国籍の東京生まれ。博士(学際情報学)を持ち、日仏英のトリリンガル。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)Design/MediaArts専攻を卒業した後、2008年に情報サービスの企画・開発・運営を行う株式会社ディヴィデュアルを創業し、多数のウェブサービスとスマートフォンアプリケーションを開発するなど、その活動は幅広い。

本書では新しい概念「環世界」について書かれてあり、人生観を大きく変えるような衝撃的な内容を目の当たりにできます。一風変わった角度から人生について考え直してみたい人におすすめです。

結果は努力に応じているだけ。あなたの今の頑張りが大きければ大きいほど、より大きな結果につながる。
大きな結果が欲しければ大きな努力をしよう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事