嘘は良い人の始まり?

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは嘘について
どのようなイメージがありますか?

「嘘」って言葉だけみると
「騙す、偽る、疑う」などのマイナスな言葉に
結びつきやすく、悪いイメージを持たれる人も多いと思います。

悪いイメージがあるからこそ、
人は出来るだけ嘘をつかないように
生きていこうとするのです。

しかし、「嘘」は決して悪いことではありません。

どんなものでもそうですが、
使う人が悪い人であれば、悪くなりますし、
良い人が使えば、嘘だって良いものになるのです。

とはいえ、先ほどの話と矛盾してしまいますが、
「嘘つきは泥棒の始まり」というのは正しい言葉です。

「嘘は良いの? 悪いの?」と
わからなくなった人もいるかもしれません。

嘘というのは、相手を騙すために用いるものですが、
相手を騙すほかにも効果があります。

それは、他人を騙そうと思ったら、
自分も一緒に騙してしまうのです。

例えば、嘘をついて他人からお金を巻き上げたとします。
相手からお金を騙し取ったわけですから、
自分は騙されていない気がしますよね。

でも、違います。相手を騙す時は
絶対に自分も騙さなければ出来ないのです。

「私は人を騙しても(傷つけても)平気な人間」と
嘘をついて自分を悪い人間だと思い込まない限り
人を騙して平気なわけがないのです。

誰だって傷つけられたら心が痛みます。
自分で感じられるのであれば
当然相手の痛みだって理解できるのです。

理解できるのに相手を騙すわけですから
自分に嘘をついて痛みを感じないように
演技するしかないわけです。

そのような嘘を積み重ねていくと、
心が壊れていき、痛みを感じる心が無くなっていくのです。

なくなると、相手の痛みも理解できなくなるので、
傷つけても平気な人間になってしまいます。

嘘ばかりついていると
泥棒になるというのは本当のことなのです。

自分は悪い人だと嘘をつき続けるから
悪い人間になってしまうのです。

反対に、自分は良い人間だと
嘘をつき続けたらどうでしょうか?

良い人だと自分に嘘を言い続けるというのは、
良い人だと思うような行動ばかりするようになるのです。

そうでなければ、周りは良い人だなんて
思ってはくれないですからね。

その結果は、あなたは周りから
良い人だと思われるようになるのです。

もちろん。良い人なのですから
泥棒なんてするわけがないですよね。

つまり、嘘とは自分にどんな言葉を投げかけたのか、
それが自分の価値を決めていくというわけです。

自分をダメな人間だと嘘を言い続ければ
本当にダメな人間になるでしょう。

反対にすごい人間だと嘘を言い続ければ
本当にすごい人間になっていくのです。

わかりますか。「嘘は泥棒の始まり」だと思いながら
嘘をついていけば間違いなく泥棒になるでしょう。

でも、嘘つきは相手を思いやる人間の始まりだと思えば、
嘘をつきながら相手を思いやれる人間になるのです。

嘘を悪いことだとは考えないで下さい。

悪いのは、自分に悪い言葉を投げて、
自分の価値を下げてしまう嘘が悪いのです。

理想のあなたになるために嘘は重要です。

成功者じゃなくても自分は
成功者だと嘘をつき続けてください。

必ず成功者になれるはずです。

頑張って理想の自分になれる
嘘を毎日言い続けましょう!

NEXT→ 好きな相手を喜ばす方法、親しくなりたい相手にやるべきコト

今週のおすすめ書籍

「絶対に勝つ黒い心理術」タイトルだけ見ると汚い方法でも使って、相手を貶めてでも勝つような印象を持ってしまいます。でも、中身はどんな勝負にでも勝つようなメンタル的の強化が主に書かれて安心して読み進められるようになっているので安心してください。

どうしても気持ちで負けてしまうと言う人におすすめです。絶対に勝てる勝負がないように、絶対に勝てない勝負もありません。最後には諦めない気力と根性がモノを言います。自分の精神面を鍛えて、様々な場面で活躍していきましょう。

自分に夢がない人は、他人の夢がおかしく見える。
もしも、人の夢を聞いて笑いが出てきたら、自分には夢がないと危機感を抱こう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事