自分しか喜ばない嘘

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

嘘は良くないといいますが、
本当に良くないことなのでしょうか?

嘘には2種類あります。

1つは他人を守るための嘘。
そして、もう1つは自分の立場を守るための嘘。

同じ嘘でも全く意味が異なります。

前者は他人を喜ばせる為の嘘で、
見た目の悪い人にわざわざ不細工と言う必要もないでしょうし、
円満な人間関係を送る為には相手を喜ばせる嘘は
必要不可欠でしょう。

しかし、問題は後者の自分の立場を守るための嘘です。

これは、はっきり言っておきますが誰も喜びません。
誰もというのは、自分さえも喜ばないという事なのです。

「え? 立場を守ったんだから自分は喜ぶんじゃ?」と
考える人もいるでしょうが、実は違います。

その場だけ見れば自分の立場を守れたかもしれませんが、
長い目で見ればその嘘はいつかばれます。

ちょっとした事から嘘は必ずばれるものなのです。
そして、ばれるまでの間もずっと『ばれないかな』と
思いながら生活をしなければなりません。

こんな状況ではとてもプラスの解釈なんてできませんよね。

このように自分の立場を守るためだけの嘘では
何の解決にもなりませんし、
自分の成長にも繋がらないのです。

ですので、嘘が良くないわけではなく、
『自分の立場を守るためだけの嘘』が良くないのです。

そもそも、自分の立場を守る為と言うのは、
何かしらの失敗やトラブルが発生した時です。

そのような時に、他人のせいにしたり、
ミスを誤魔化してしまっては、
自分の成長なんてありません。

『自分が悪い。どうすれば同じ事をしないか?』と
反省と改善をしようと思ったときに
人は成長するのです。

それを嘘で誤魔化して、逃げるようだと
ずっと同じ事を続けるでしょうし、
そのたびに自分の心も傷ついていくのです。

そして、自分の傷が大きくなっていくと
人に同じ傷をつけても心が痛まなくなるのです。

その結果は、人を平気で傷つけるような
犯罪者になっていくのです。

『嘘は泥棒の始まり』聞いたことある言葉だと思います。

これは、自分の立場を守るためだけの嘘をつき続けると
心が傷つき壊れていくという事を表しているのです。

あなたが失敗した時に考えてください。

あなたは人に自慢できる立派な人になりたいですか?
それとも、薄汚れた犯罪者の道を進みたいですか?

あなたの考えで行動が決まります。

ミスの1つや2つ受け止められるような
大きな人間になってみましょう。

あなたの成長速度は加速的に上がるでしょうし、
信頼もどんどん上がっていくのです。

自分の立場だけ守ればいいなんて小さな人間を目指ずに
もっと大きな考えが出来る人間を目指しましょう。

そうすれば、もっともっと人間的に大きな人間になれるはずです。
頑張っていきましょう!

NEXT→ 時間を大事に使える人は成功する!

今週のおすすめ書籍

著者ドミニク・チェンは1981年、フランス国籍の東京生まれ。博士(学際情報学)を持ち、日仏英のトリリンガル。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)Design/MediaArts専攻を卒業した後、2008年に情報サービスの企画・開発・運営を行う株式会社ディヴィデュアルを創業し、多数のウェブサービスとスマートフォンアプリケーションを開発するなど、その活動は幅広い。

本書では新しい概念「環世界」について書かれてあり、人生観を大きく変えるような衝撃的な内容を目の当たりにできます。一風変わった角度から人生について考え直してみたい人におすすめです。

夢の実現を手伝ってもらう一番簡単な方法は、
あなたが誰かの夢を手伝うこと。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事