アドバイスの受け取り方

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

人からのアドバイスに対して
あなたはどのように考えていますか?

多くの人が、他人から受けたアドバイスをうまく受け入れられずに、
けちをつけられたと考えてしまいがちです。

その為に、そこから得られる貴重な学びを
自分を正当化する為だけの理由で、ごまかしてしまうのです。

例えば、○○がおかしいから修正してと
言われたとします。

この場合、○○を直せばより良いものになるのですが、
素直に○○を直す事が出来ない人は、言い訳を始めてしまいます。

どのような言い訳なのかと言うと、
『そんなつもりでやったんじゃない』
『私は○○をこうだと考えていた』
『○○は次の○○を活かす為の題材だ』などなど。

要するに、言い訳なんていくらでもありますし、
正当化する理由なんていくらでもあるのです。

ただ、この時に考えてもらいたいのは、
あなたにはそういう気がなくても、
そうだと感じてしまう人もいるという事です。

これは、どんな事でも言えるのですが、
自分にそのつもりは無くても、
相手は勘違いしてしまう事があるのです。

そして、相手を勘違いさせてしまったのは、
紛れも無い自分であり、自分の足りないところなのです。

ですので、言い訳ばかりして、
人からのアドバイスをきちんと受け入れなければ
自分の欠点は、いつまでたっても直らないのです。

『自分はこう思っていた』
『自分はこういうつもりだった』
『こう考えて欲しかった』などは
全て言い訳だと考える事で、
人からのアドバイスをもっと素直に受け入れられるようになるはずです。

もしかすると、他人からアドバイスを素直に受け入れると、
なんとなく、負けたような気がするかもしれません。

しかし、その気持ちが自分を反省させ、
成長する起爆剤になるとしたら、
素晴らしい感情ではないでしょうか?

人からもらったアドバイスは、ただの悪口に聞こえるかもしれませんが、
そこから、何を学び、何を得られるのかを考えてみましょう。

きっとそのアドバイスから、もう一歩
自分を成長させられるでしょう。

しっかりと、周りからの意見を受け入れて、
もっと自分を成長させられるようになっていきましょう!

その為に、アドバイスをもらったら相手に感謝し、
それが悪口に聞こえても、感謝からはいるようにしましょう!

どんな意見でも成功のきっかけになるのです!
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。

あなたにおすすめの記事

 

同時に読まれている記事

▲top▲