【今日のやる気が出る話】2020年6月21日~6月27日分

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

いよいよ6月もラストスパート。緊急事態宣言も撤回され、日常が戻ってくると思いましたが、世間ではマスク、マスクと連呼される日々。夏に向かってマスクでは息苦しくなってしまいますが、新型コロナ感染予防という名目があるので、このままマスクを着けていくのが当たり前になっていくでしょう。

そもそも、新型コロナが流行る前からマスクを着ける人たちがいました。顔を見られたくないとか、化粧をするのが面倒とか、その理由は様々。もちろん、その頃は日常からマスクを着けているなんて、周りは不審な目で見ていました。しかし、今では新型コロナ感染予防という名目があるので、喜んでマスクを着ける日常。みすみすとこの素晴らしい環境を捨てることはないでしょう。マスクを着けるのが好きな人がいる限り、コロナが収束してもマスクへの過敏な反応は消えそうにありません。マスクを着けないで、まともに外の空気を堂々と吸えるようになる日は来るのでしょうか。

新型コロナのことを考えていると暗い気分になってしまうので、やる気を出すために、今週の「今日のやる気が出る話」をしっかりと復習していきましょう。

6月21日

クイズには正解があっても、現実の問題には正解なんてない。
考えを広げていけば、誰も思いつかない意外な答えが必ず出てくる。

宇宙の中心が地球だと考えられていた「天動説」が常識だったように、誰もが正解だと思っている答えだって、間違っている可能性がある。常識だからと思考を止めてしまうと、それ以上新しい考えが生まれてこなくなって、天動説を信じていた昔の偉い学者さんたちのような、大きな間違いを起こしてしまいかねない。

多くの謎が解明された現代だって、まだまだたくさんの事実が隠されている。石油に変わる燃料や世界平和など、今の人たちの努力で変えられることはきっとある。常識を疑って、誰も気がついていない真実を発見していこう。

6月22日

世界は何をしても悩むようにできている。
だったら、自分のやりたいことで悩む人生を歩んでいこう。

人間は暇さえあれば悩むようにできているため、どんなに素晴らしい理想郷に辿り着いたとしても、そこで何かしらの悩みを見つけてしまう。だから、悩む内容も予め自分で考えておかなければならない。そうでなかったら、どうでもいい悩みに多くの時間を費やし、あなたの大事な悩みを考える時間がなくなる。

本当に悩むべき問題は、自分が今すぐにどうにかできるとは思っていない問題。それをいつまでも考えずに後回しにしているから、いつまで経っても成功に近づけない。考えなければならない問題は、放っておいても悩んでしまうから、意識して悩むことは、自分がまだ直面していないけど、今後必ず直面する問題にしよう。先の問題を今のうちから明らかにして解決していけば、あなたの未来は確実に明るくなっていく。

6月23日

一歩はわずかな歩みでしかない。
でもそれが、あなたの人生を変える大きなきっかけ。

自分の人生を変えたいと考えている人はいるが、そのために必要な行動を中々起こさない。それは自分の理想とする姿が今の現実とあまりにもかけ離れていることが原因。確かに理想とあまりにも違っていたら、そこに到達するのは不可能に思えてしまう。

だけど、わかって欲しい。どれだけ遠くだったとしても、歩き出さなければゴールにたどり着けないように、理想がどんなに遠くても、変わっていく努力をしなければ絶対に理想の姿にはなれない。遠くの理想に絶望を覚えながらも、それでも諦めずに理想を追い求めて努力できる人がだけが本物になっていく。自分の人生を変えたい思うなら、最初の一歩を踏み出そう。

6月24日

ゴールがどんなに遠く思えても、歩き続ければいつか必ず辿り着く。

夢を叶えられない人の多くは、ゴールには絶対にたどり着けないと、歩くのをやめているに過ぎない。だけど、道は必ず続いているように、歩むのをやめなければゴールは必ず見えてくる。たどり着けないような遙か遠くにゴールがあったとしてもそれは変わらない。世界はどこまでも広大だが、歩くのをやめなければ、目指すところはあなたを待っていてくれる。ゴールを目指して、確実に前に進んでいこう。

6月25日

生きていくというのは、すなわち成長の日々。
歩みを止めたとき、死が足音も立てずに迫ってくる。

水が流れている間は川となるが、流れを止めるとそこは沼になる。綺麗だったものが流れを止めるだけで、どろどろしたものになり、異臭を放つようになっていく。人間も同じ、日々努力して自分を成長していく人はキラキラと輝いているが、今の自分を守る事だけに力を入れ、それ以上の発展をやめてしまえば、中身からどんどん腐り始める。政治の世界でも長期政権が内部から腐っていくように、誰もが腐っていく。

いつまでも素敵な自分でいたいなら、どれだけのものを得たとしても、変わることを恐れてはやめてはいけない。変わり続けた先に、今よりもっと素敵なあなたが待っている。

6月26日

本気で感謝しているところに争いは生まれない。
関係がうまくいかなくなってきたら、相手のいいところを思い出して「ありがとう」を伝えよう。

人間関係の全ての基本は「挨拶」と「感謝」でできている。だけど、感謝している人でないと中々「挨拶」はできない。なので最初はどんなことでもいいから、相手に対して感謝を持ってみよう。それだけで関係は良くなっていく。今、人間関係が上手く言っていない相手とは、「挨拶」と「感謝」のどちらか、もしくは両方がかけている場合がほとんど。もしも、関係をよくしたいと思う相手がいるなら、相手を見かけたらぎこちなくても挨拶し、何かをしてもらったら、心からありがとうを告げよう。

最初はぎくしゃくしていても、回数をこなしていけば、だんだんと改善の兆しを見せるようになる。諦めることなく、挨拶と感謝を続けて、みんなと素敵な関係になっていこう。

6月27日

全てが揃っていなくても、諦める必要なんてない。
足りない物を補おうと、人は知恵を絞り、仲間を集め、成長する。

○○がないから始められないという人は多いが、その○○が実際に手に入ると今度は××がないから始められないと言い出す。結局は何かがないから始められないわけでなく、始めないための理由が欲しいだけ。言い訳をずっと続けていると本当に何も出来なくなってしまう。

自分の夢を叶えたいと思うなら、○○がないからと言い訳が出てきても、その言葉を真っ向から否定してみるといい。○○がなくて自分が叶えたい夢を達成した人が本当にいないのか、変わりになるものはないのか、誰かにやってもらうことはできないか。足りない物があったとき、それを補うために人の脳は何倍も活発に動き出す。足りなくてもいいから、まずはやってみよう。本当に欲しいものは、必要になったときに必ず手に入る。

後書き

夢を叶えるためにどうあっても行動を始めるしかありません。そして、せっかく動き出しても多くの場合、途中で挫折します。その時に役立つのは優れた人間関係です。あなたの悩みは他の人にとってのチャンスで、大好きな人が困っていたら喜んで力を貸してくれるでしょう。そのために普段から「挨拶」と「感謝」を心がけ、できるだけ誰とでも良好な関係を築いておく必要があります。

夢を叶えている人の多くは素晴らしい人間関係が紡ぎ出しているものです。あなたが素通りしたあの人が将来的にあなたを支えてくれる大事な人になるかもしれません。関係ないとか、利用価値がないとか、利己的な考えは捨てて、にこやかに挨拶をしてみてください。きっと相手も、にこやかに挨拶を返してくれるようになるはずです。

今回の話で自分を変えようと少しでも思えたなら、ぜひ明日から自分を変えるための行動を頑張っていきましょう。それがあなたの未来を変えるきっかけになります。それではまた次回!

【今日のやる気が出る話】は毎日正午の12時にみなさんの元にお送りしております。お昼休みにちょっと読むだけで午後からもやる気がいっぱいになれるはずです。内容を読んで気に入っていただけたのであれば、ぜひ登録してくださいね! →メルマガ【今日のやる気が出る話】の登録はこちらから簡単にできます。

NEXT→ 【今日のやる気が出る話】2020年6月14日~6月20日分【メルマガ】

今週のおすすめ書籍

人生がうまくいく秘訣は高い「自尊心」を持つことを持論に、自尊心の大事さを語っていく内容になっています。自尊心というとプライドとか、少し悪い印象を持つ人もいますが、自分を大切にする心と置き換えると意味が全く変わっていくはずです。

自尊心を高めていくことで、人生のあらゆる局面でプラスの影響を与えていきます。自尊心を高める方法が100項に渡って載っているので、どんな人でも自尊心を高められるかもしれません。人生をより楽しくしていきたい人におすすめの書籍です。

メルマガバックナンバー

どんなに優れた釣り竿でも、魚がいなければ釣ることは出来ない。
魚が欲しいなら、まずは魚を見つけることからはじめよう。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事