チャンスをつかむ方法

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

よく「チャンスがあれば私はもっと成功できるのに」と
嘆いている人を見かけます。

この人達は本当にチャンスが無いから
成功していないのでしょうか?

実は、そんなことは無いのです。

チャンスがないと嘆いている人の多くが
実際にチャンスが合っても、
チャンスだと気がつかないのです。

例えば、目の前に大きなチャンスがあるのですが、
周りの人がその状況がとても危ないと言っていたとしましょう。

多くの人たちはどのような反応をすると思いますか?

実は、このような状況に合った時は
多くの人は周りの人たちの意見に流されて
行動をしないのです。

そして、チャンスだとは思いながらも
「機会がなかった」「状況が良くなかった」などといって
目の前にあるチャンスを逃してしまうのです。

これは多くの人が周りの意見や環境についつい流されてしまい
本当のチャンスを自分でつかむ事が出来ません。

そして、チャンスがない。チャンスがないと嘆いてばかりいるのです。

1つ断言できることですが、周りが反対している事が
100%悪い結果に繋がるわけではありません。

例えば、あなたは年収1000万円クラスで
なおかつ安定して収入がはいるサラリーマンだったとしましょう。

このような状況で、あなたが何か素晴らしいアイディアを思いついたので
サラリーマンをやめて独立して起業しようとしたら
周りはどのようなことを言うでしょうか?

賛成よりも反対意見の方が圧倒的に多いですよね。

しかし、実際にその思いついたアイディアで
起業していれば、年収1億の社長になれていたかもしれないのですが
周りが反対するために起業をやめてしまい、
そのアイディアを思いついたことさえも
チャンスだったとは気がつかないで終わってしまうのです。

このように人は本当に貴重なチャンスであったとしても
見逃してしまう事がたくさんあるのです。

チャンスは意識して探していないと
実際に目の前に合っても手を伸ばせないのです。

つまり、自分からチャンスを探していないと
素晴らしいチャンスであったとしても
気がつくことさえも出来ずに
周りからの反対意見しか聞こえてこないのです。

あなたが成功したいのであれば
まずはチャンスを自分で見極める力をつけましょう。

そして、それは周りがどんなに反対することであったとしても
自分が良いと思うことは行動できるだけの強さを持ちましょう。

そうすれば、チャンスが来た時に
しっかりと掴み取る事ができるようになるでしょう。

チャンスは目の前にたくさん転がっています。
そのたくさんあるチャンスを掴み取るために
しっかりと意識を変えてつかめるようになっていきましょう!

NEXT→ 夢を叶える4ステップ

今週のおすすめ書籍

著者ドミニク・チェンは1981年、フランス国籍の東京生まれ。博士(学際情報学)を持ち、日仏英のトリリンガル。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)Design/MediaArts専攻を卒業した後、2008年に情報サービスの企画・開発・運営を行う株式会社ディヴィデュアルを創業し、多数のウェブサービスとスマートフォンアプリケーションを開発するなど、その活動は幅広い。

本書では新しい概念「環世界」について書かれてあり、人生観を大きく変えるような衝撃的な内容を目の当たりにできます。一風変わった角度から人生について考え直してみたい人におすすめです。

問題が起きたとき、立ち向かって成長するか、逃げ出してその問題から目をそむけるか
あなたは自由に行動を選べる。
できれば夢に近づく方を選択していこう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事