問題はそこじゃない

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

問題をその場だけの対応で考えていませんか?

例えば、重要な書類を忘れて
取引先に商談に行ってしまい、
商談がうまくいかなかったとしましょう。

この場合に多くの人は、重要な書類を忘れていったことを
重要視して考えます。

ですので、どうすれば、書類を忘れずに済んだかと
考えてしまうのです。

確かに、忘れ物をするというのは良くないことですので
改善できるのであれば改善した方が良いことでしょう。

しかし、実はもっと重要なところに問題があったりするのです。
そこを直せば忘れ物を減るというわけです。

忘れ物をしてしまう原因は何でしょうか?

「あせって出発するから」「持っていくリストを作っていないから」
「準備の確認ができていないから」等
たくさん出てきますね。おそらくどれかを改善すれば
今回忘れ物をせずに済んだでしょう。

しかし、よく考えてみてください。
忘れ物は今回が特別だったのでしょうか?

多くの場合で忘れ物する人は何度でも忘れ物をしますし、
遅刻をする人は当たり前のように遅刻をします。

つまり、問題の一部分だけを見て
改善をしても全体的な改善にはならないのです。

どういうことかというと、忘れ物が多い人は、一日前の行動からすでに
問題があったりします。

例えば、思うように朝起きれない事がわかっているのに、
前日のうちに準備を済ませていない。などの
別の要因があるために忘れ物がなくならないのです。

他にも、朝なぜかあせってしまう性格なので、
きちんと確認が出来ないなど。

このような問題がある場合は忘れ物をしない方法を
考えてもあまり意味がありません。

朝起きるのがつらいのであれば、
前日のうちに用意しておけばいいでしょうし、
朝なぜかあせるのであれば、
同じように前日のうちに仕上げておくべきでしょう。

このように人が何かの問題を起こしてしまった場合には、
その問題とは直接関係ない事が意外と
問題の原因になっていたりするのです。

そして、それはとても小さなことかもしれません。
しかし、小さな問題をそのままにしておくと
取引先に書類を忘れていってしまうような
重大な問題を引き起こしてしまうのです。

大体、大きな失敗というのは小さな失敗の連続で起こります。

例えば、
「朝、ちょっと寝坊をして、走って会社についた」⇒「走っていたために息が荒れていて、同僚に挨拶もろくに出来なかった」⇒「ろくに挨拶もなかったので、同僚は新情報を伝える事が出来なかった」⇒「情報が無いまま作業に当たった」⇒「何か変わったなと思いながらも周りも何も言わないのでそのまま作業する」⇒「大きな事故に繋がった」

このようにして問題が起こるのですが、
多くの人は「情報の共有が出来ていない」事だけを問題として考えます。

しかし、ろくに挨拶が出来ていない状況であれば
相手の存在さえも気がつかなかったかもしれないのです。

そのような状況では、情報の共有は難しいでしょう。

それもよりも会社にぎりぎりに来たことを改善しておけば、
情報の共有がきちんとできたはずです。

このように起きた問題の根本を考える事ができれば
問題の解決方法はまったく違ったものになる可能性があるのです。

目先の問題解決ばかりに力を入れるのではなく
もっと全体を見て、どこを改善するべきなのかを
考えていきましょう。

問題の本質さえつかめれば
簡単に解決できたりするのです。

問題から成長するために頑張って
本質をつかめるようになりましょう!

NEXT→ 当事者意識

今週のおすすめ書籍

個人の収入を最大化するできる方法「働き方革命」が、この1冊につまっています。会社に勤めているとお金を稼ぐのは難しいことだと錯覚してしまいますが、この本に書かれてあるノウハウを実行することで「ゼロから3ヶ月で月100万円の収入を新たに得る」ことが可能になります。怪しい商材のような話ですが、どこでも買える書籍なので騙されたと思って読んでみると良いでしょう。きっと人生観が大きく変わることになります。

やる気とは直接関係ありませんが、収入がよくなることでやる気が出る人もいるはずです。全体的に見れば1番、人に勧めたい内容になっています。

イメージは常に現実のモノとなる。
不幸になるイメージばかり持っていると、本当に不幸になっていく。
なりたい自分をいつもイメージして、そばにおいておこう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事