【今日のやる気が出る話】2020年3月29日~4月4日分

やる気プロデューサーの上田洋輔です。

テレビを見ると新型コロナや話ばかりで全く進まない国会、そして悪いニュースばかりやっていて、気分が落ち込む日が増えて来ました。みなさんは今週をどのようにお過ごしになられたでしょうか。最近思うのですが、テレビなんて見ない方が、良いのではないかと言うことです。

なぜなら、気分が落ち込んでしまうだけだから。世の中の悪いニュースは、ちょっとした会話をする上では必要かもしれませんが、知らなくても生きていくのになんの支障もありません。そもそも、そんなどうでもいい話題の確保に時間を費やしているから、大事な夢を叶えるための時間が取れないのです。他人のことばかり気にしているような人生でなく、自分や自分の大事な人のことを考えていける人生にしたいですね。

それでは今週の【今日のやる気の出る話】のまとめをやっていきましょう!

3月29日

○○になったらやろうと考えていると、人は死ぬまで動かない。
だから、遠くの目標だとしても、○○になると決めることが大事。

世界一になってから世界一の行動をしようとしていると、どうやっても世界一になんてなれない。世界一になりたいなら、世界一になるための行動をしておく必要がある。その心がけが自分を世界一へと高めていく。どんなことでも、最初にしなければいけないのは決心なのです。

3月30日

限界なんて自分で決めた妥協ラインにすぎない。
本当の限界に辿り着きたいなら、もう無理だと思ったところからさらに頑張ってみよう!

限界は多くの人が簡単に使う言葉だけど、本当に限界まで頑張った人なんてほとんどいない。多くの場合、もうやりたくないところで「限界」と言って満足しているだけ。限界だと思ったら、もう一歩だけ頑張ってみるといい。そして、また限界だと思ったら、さらにもう一歩だけ頑張ってみる。それを続けていけば、そこにはあなただけの偉大な痕跡が刻まれている。

3月31日

心配事の多くは実際に行動してみれば大した問題ではない。
悩みがどんなに大きく思えても、できる範囲からやっていこう。
忙しくなる頃には、心配事はあなたの元から飛び立っている。

何も行動せずに悩みを解決しようと思うから、心配事になってどんどん大きくなってしまう。やらなきゃいけないことを書きだしていけば、案外小さな悩みであること気がつく。そして、1つずつ終わらせていけば、心配事は完全に消えてしまう。大事なのは目標を見つけること、そして、動き出すこと。何かを変えれば、見えている景色が少しずつ変わっていく。

4月1日

誰よりも早く席に着く、準備をする、電話を取る。
小さなことでも、やり通せばあなた自身の評価に繋がっていく。
自分だけの何かを始めて、みんなに認められていこう!

どんなに頑張っても認められないと嘆く人もいるけど、それは周りと同じコトやっているから。周りと同じだと一番成績を上げた人しか評価されない。自分しかやっていないことがあれば、それは必ずあなたの評価となる。難しいことじゃなくても、やり続けるだけでも大丈夫。あなたの頑張りは、決して無駄になることなく、どこかで誰かが見てくれているのです!

4月2日

どんなに頑張ってもどうにもならないことだってある。
大事なのは自分が「納得」できるとこまで頑張ったかどうか。

突然流行した新型コロナウイルスで命を落としてしまうように、世の中にはどんなに頑張っても叶えられないことがある。だけど、そこに至るまで「最高の人生」を過ごしていたのであれば、納得できる死が迎えられるはずです。あなたは今日死ぬとして納得できるところまで頑張っていますか? 足りないと思ったら今、この瞬間から自分が納得できる人生を過ごしていこう!

4月3日

一流の人とは失敗しない人じゃない。
誰よりも多くの失敗を経験し、そこから多くのことを学びとった人。

多くの人は一流を目指しますが、ほとんどの人は二流、三流で終わってしまいます。それは失敗を恐れてたり、失敗を言い訳したり、学べる機会を減らしてしまっているのが原因です。失敗から学んでいけば、失敗なんていくらでもしていい。誰よりも失敗して多くの経験と知識を積んで、一流になっていこう!

4月4日

ゴールが見えていないと誰だってやる気は出ない。
まずは中間地点とゴールを描くところから始めよう。
どんなにゴールが遠くても、地図があれば人は頑張り続けられる。

美味しいお店を教えてもらっても、行き方もよくわからないような場所だったら、人は絶対に行こうとは思わない。具体的な経路を知って、営業時間を知って、口コミを見てようやく人は行動する。夢だって同じ。夢を叶えるまでに必要なことを書き出し、準備をしていくことで、ようやく夢に向かって行動を始めていく。無謀に飛び出すことなく、先をしっかり見つめて、夢を叶える地図を作ってから行動するようにしよう。

後書き

東京の都立の学校では、5月6日まで休校が決定しました。おそらく日本全国の学校に普及し、休校となっていくでしょう。大人は簡単に学校を休めと簡単に言いますが、2ヶ月以上とこんなに長く休んでしまうと、自宅学習していた子どもとそうでない子どもの学力の差は、驚くほど大きなものになっているでしょう。

けれどそれは悪いことばかりではありません。

今まで落ちこぼれていたとしても、これからの休みの期間をうまく使うことで学力を大きく伸ばせます。現状を嘆くよりも、今できることをやっていけば、必ず良くなっていくのです。新型コロナの影響で世界中がパニックになっていますが、その影には非常に大きなチャンスが眠っていて、この期間をどのように使うのかで、今後の人生が見違えるほど変わっていくでしょう。

あなたはどうなりたいですか?

今日を大事に明日を適当に生きるか、今日も明日も大事に生きるか、はたまた学業なんて諦めてしまうのか、これから来るであろう長い休みがあなたの人生の岐路となります。考えてみて下さい。ゲームや遊びはいつでもできる。今できることは一体なんなのか、やっておいた方が良いことはなんなのか、しっかりと考えていきたいですね。

新型コロナなんかに負けず、人生を豊かにしていくために頑張っていきましょう!

【今日のやる気が出る話】は毎日正午の12時にみなさんの元にお送りしております。お昼休みにちょっと読むだけで午後からもやる気がいっぱいになれるはずです。内容を読んで気に入っていただけたのであれば、ぜひ登録してくださいね! →メルマガ【今日のやる気が出る話】の登録はこちらから簡単にできます。

NEXT→ 【今日のやる気が出る話】2020年3月22日~3月28日分【メルマガ】

今週のおすすめ書籍

著者ドミニク・チェンは1981年、フランス国籍の東京生まれ。博士(学際情報学)を持ち、日仏英のトリリンガル。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)Design/MediaArts専攻を卒業した後、2008年に情報サービスの企画・開発・運営を行う株式会社ディヴィデュアルを創業し、多数のウェブサービスとスマートフォンアプリケーションを開発するなど、その活動は幅広い。

本書では新しい概念「環世界」について書かれてあり、人生観を大きく変えるような衝撃的な内容を目の当たりにできます。一風変わった角度から人生について考え直してみたい人におすすめです。

メルマガバックナンバー

うまくいって幸せになることだけをやっていこう。
そうすれば、達成するたびに幸せがやってくる。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事