【今日のやる気が出る話】2020年3月1日~3月7日分

広がっていく謎のウイルス新型コロナウイルスを前に、どのようにお過ごしでしょうか。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

気がつけば、【今日のやる気が出る話】のメルマガからバックナンバーが消え、見られなくなっていました。過去の分をログするという意味も込めて、今週から1週間ごとに配信した分をまとめてブログにて公開していきます。

ただ、コピペだけだとあまりにも芸がないので、私なりの解説をつけることにしました。メルマガを読まれている方でも復習と違った観点からもう1度振り返って楽しめるはずです。

それではどうぞ。

3月1日

どんなに難しい事だって、簡単な最初の一歩があった。
よちよち歩きしかできなくても、努力を重ねれば、いつかは全力で走れるようになる。

自分では絶対に出来ないと思えるような難しいことでも、簡単なことを積み上げていけば結果へと繋がっていく。二足歩行を当たり前に行う人間しかいないし、それを全力で走れるのも人間しかいない。それは人間が生まれてからずっと、二足歩行をしようと努力を積み重ねた結果なのです。

3月2日

人生は日々老いていく。今日やらないでいつ始める。
今のあなたが一番若い!

時間はどんどん過ぎていき、今日よりも明日、明日よりも明後日と人はどんどん年を老いていく。もう年だからと諦める前に今日のあなたが、今後の人生で一番若いと考えていくと積極的に行動できる。いつかではなく今やろう。

3月3日

お金ばかり気にすると夢がなくなり、夢がなくなると日々がむなしくなる。
人生を豊かにしたいならお金よりも夢を追いかけよう!

儲かるかどうかだけで考えると、多くの夢は潰えてしまう。目の前のお金だけに囚われてしまうと頑張るのもむなしくなる。成果は頑張りの先にあり、最初から見えるモノではない。お金では決して買えない充実感を得たいのであれば、儲けを考える前に自分が何になりたいのか、何をしたいのかを明確にして、そのために必要なコトは何でもしていこう。それが例えお金にならないことでも。

3月4日

ある程度のことは10回やればうまくなる。
難しいことでも100回やれば形になる。
1000回やれば、みんなに感動を与えられる。

多くの人は2,3回程度しかやらないのに、自分にはできないと言って諦めてしまう。だけど、10回もやればある程度のことはできるようになるし、かなり難しいことだって100回もやればうまくなる。そこからさらに頑張れる人は、どんなことだって、絶対に感動させられるだけの実力者になっていく。諦めないで頑張ろう。

3月5日

なにかを始めるとなにかができなくなる。
全てを持ったまま歩けるのは伝説の勇者だけ。
いらないモノを見極め捨てられる人だけが成功者になる!

選ばれた勇者でもなければ、全てを抱えたまま、新しい荷物を手に入れることなんて出来るはずがない。普通の人は常に何かを捨てながら、何かを得ている。物を買うのだってお金を減らしているし、何かするにも時間を減らしている。成功者になりたいなら、いらないモノをどんどん捨てて、必要なモノだけを大事に守っていこう。

3月6日

他人の成功を妬むよりも、そこから得られることに注目しよう。
成功者の真似をすれば成功する。これは真理なのです。

誰かを妬んでしまうと相手から学ぶよりも貶すことに力を入れてしまう。成功した人からは常に学べることがたくさんある。相手の悪いところを探すのに力を入れるよりも、自分にできるところを見つけて真似をした方が成功に近づくのです。

3月7日

自分でできるようになるより、できる人を探す方が簡単。
他者を巻きこむコトで、夢の実現がより早くなる。

人間の短い人生で、全てをこなせる人なんて滅多にいない。だけど、自分がやりたいことをできる人は多い。全ての技術を学ぼうとせずに、できる人を集めてチームになれば、どんな難題にだってすぐに対応できる。自分で全てをやるのが夢でないなら、できる人を見つける方が何倍も有意義。

後書き

新型コロナのせいで市場も街中もどことなくどんよりとしています。こんな時だからこそ、前を向いて自分の夢に向かって歩き続けられる人が成功を掴んでいきます。不幸話に耳を貸す前に成功者の話を探しましょう。きっとあなたの夢の手助けになるはずです。

【今日のやる気が出る話】は毎日正午の12時にみなさんの元にお送りしております。お昼休みにちょっと読むだけで午後からもやる気がいっぱいになれるはずです。内容を読んで気に入っていただけたのであれば、ぜひ登録してくださいね! 

メルマガ【今日のやる気が出る話】の登録はこちらから簡単にできます。

NEXT→ 【今日のやる気が出る話】2020年5月3日~5月9日分【メルマガ】

今週のおすすめ書籍

著者ドミニク・チェンは1981年、フランス国籍の東京生まれ。博士(学際情報学)を持ち、日仏英のトリリンガル。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)Design/MediaArts専攻を卒業した後、2008年に情報サービスの企画・開発・運営を行う株式会社ディヴィデュアルを創業し、多数のウェブサービスとスマートフォンアプリケーションを開発するなど、その活動は幅広い。

本書では新しい概念「環世界」について書かれてあり、人生観を大きく変えるような衝撃的な内容を目の当たりにできます。一風変わった角度から人生について考え直してみたい人におすすめです。

メルマガバックナンバー

なんとなく生きていると、本来の目的を忘れてしまう。
あなたが今なぜ頑張っているのかを毎日思い出そう! メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事