1つのことに集中しよう

皆さん、こんにちは。
過去のブログを読んで死にたくなった、やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは1つのことにこだわって集中するタイプですか?
それとも幅広く手を出していきたいタイプですか?

どちらが成功するかと言えば、圧倒的に1つに集中するタイプです。

確かにたくさんの事に手を出すのは、自分の見識を広める意味ではいいでしょう。

でも、一方で危ない印象を潜在意識に植え付けてしまいます。

それは『嫌なところが目につきやすい』ということです。

1つのことしか知らなければ、悪いところがあっても、当たり前のコトなので気になりません。

しかし、2つ、3つと対象が増えていくと、嫌なところはたくさん目につくようになるのです。

『でも、いいところもたくさん目につくのでは?』と、逆説的に思われる人もいるでしょうから、もう少し補足しますね。

たくさんの事を知れば、悪いことと一緒に良いことも同時に見えてくるので、視界が広くなるような気がします。

しかし、それは残念なことに気のせいなのです。

なぜなら、人は他人の良いところより、悪いところに注目してしまう性質があります。

ウソだと思うなら、何人か知り合いのことで良いところと悪いところを書き出してみてください。

多分、悪いところの方がスラスラと書けるはずです。

このようにどうしても人は悪いことに注目して、それを中心に物事を考えてしまうので、たくさんのことを知るのはあまりよくありません。

今、離婚率があがっているのも同様です。

結婚するまでに色々な相手と付き合うから、悪いところばかり目につき、他にいい人がいるような気がしてしまうのです。

でもそれは『隣の青芝症候群』と言って、そんな気になるだけで、実際にはそれほど変わりません。

そもそも、あなたと言う人間が固定されている以上、付き合いたいと思う相手も、付き合ってくれる相手もそれほど大差はないのです。

つまり、何人と別れと出会いを繰り返しても、似たような相手と似たような恋愛をするだけと言うことですね。

悲しい話ですが、これは事実なので、まずそれを受け入れてください。

そして、最初に戻りますが、なにかに色々手を出すのも同じです。

たくさんのコトに手を出しても、結局自分が変わらない以上、同じようなところで躓き、投げ出してしまうだけです。

ですので、他にいいものが見えたとしても、それは気のせいだと、自分に言い聞かせてください。

そうすることで他に目をくれず、取り組もうと思えるはずです。

投げ出さず1つのことに集中して、頑張っていきましょう。

頑張った先に、夢の実現が待っているのです!

NEXT→ 満足していると夢は遠のく

今週のおすすめ書籍

著者ドミニク・チェンは1981年、フランス国籍の東京生まれ。博士(学際情報学)を持ち、日仏英のトリリンガル。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)Design/MediaArts専攻を卒業した後、2008年に情報サービスの企画・開発・運営を行う株式会社ディヴィデュアルを創業し、多数のウェブサービスとスマートフォンアプリケーションを開発するなど、その活動は幅広い。

本書では新しい概念「環世界」について書かれてあり、人生観を大きく変えるような衝撃的な内容を目の当たりにできます。一風変わった角度から人生について考え直してみたい人におすすめです。

毎日が平凡なのは、あなたが平凡なことをしているから。
物語の主人公になりたければ、それにふさわしい行動をしよう。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事