愚痴をこぼしてしまう原因

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

頑張らなきゃいけない事なのに
なぜか頑張れないことってありませんか?

例えば、仕事の依頼や家庭での仕事です。

基本的にあなたが請け負っている仕事ですので、
あなたが頑張らなければいけない事なのにどうしても
やる気が出ない。

そのような時はまず仕事を依頼してきた人の
愚痴を言うことから始まります。

「何でこんな依頼頼んでくるんだよ!」
「もっと、頼み方を考えろよ!」
「こんな金額じゃやってられない!」等

このような不満が出るときは
おおむね自分の仕事なのでやらなければいけないが
どうしてもやる気が出ないときにこのような不満が出ます。

そして、愚痴をこぼしながらやっているので、
仕事が雑になり、ミスが発生しやすくなります。

このような経験をされたことはありませんか?

おそらく、多くの人が感じていることだと思います。

しかし、なぜそのような不満が出るのか
考えたことはありますか?

まず第一にあなたがやらなければならない仕事ですので、
仕事を頼んできた人が悪いわけではありません。

もちろん、仕事の頼み方や感謝を感じられないなどの理由が
あるかもしれませんが、
あなたがやるべきことなので、仕事を頼んできた人に
反感を持つのは少しおかしな話です。

次に、仕事の内容に無茶があると感じられる場合もあると思いますが、
内容に無茶があるようでしたら、愚痴をこぼしていても
解決はしませんので、直接交渉するほうがよいでしょう。
相手も無茶なことなのかどうかわかっていない可能性もあるわけです。

このように、自分がやらなければならないことを
頼まれてどうしてもやる気が出ないときは、
不満の原因をゆっくりと考えてみましょう。

するとおそらく、仕事を頼んできた相手が原因で
やる気が出ないわけではないことに気がつきます。

つまり、最終的には「あなたがやりたくないと思っている」だけが
残るはずです。

そうなのです。実は自分の仕事なのに、
やる気が出ないときは、いろいろと周りのせいにしてしまいますが、
実際には、「自分がやりたくない」だけなのです。

あなたがやりたくないと思ったことを頼まれたときに
あなたはすごくいやな気持ちになりました。

しかし、よく考えてみてください。

その仕事は、初めから嫌いだったのでしょうか?

おそらく違いますよね。
はじめは好きでやっていたんですが、
だんだんと飽きてしまった。
もしくは慣れてしまっただけなのです。

頼まれた仕事がどうしてもやる気が出ないときは
あなたが仕事を始めようと思った時の
原点に戻ってみて下さい。

どんな気持ちではじめましたか。
その仕事でどんな成果を得ようと思っていたのでしょうか。

誰かのせいにして仕事を楽しめないでいるのであれば、
考え方を一度変えて、どうすれば昔のような気持ちで
頑張ることが出来るのかを考えてみましょう。

仕事は心から楽しめるものなのです。

あなたが、仕事を楽しもうと思っている限り、
どんな依頼であったとしても、
楽しく仕事はできるのです。

そして、本当に良い結果を残しましょう。

良い結果を出すことができれば、
自然と依頼のされ方など
変化するようになるのです。

愚痴をこぼす前に自分が変えていけることを考えて
しっかりと頑張っていきましょう!

NEXT→ 0からはじめる危険性

今週のおすすめ書籍

スマホが主流となった時代であえてメモ帳の重要性を思い出して欲しい1冊。昔の書籍になりますが、スマホだけでは見えてこなかったメモ帳の重要性に気づける内容になっています。

手帳がベースの内容ですが、スマホを使って手書きを行うコトでより簡単に大事なことを記録として残していける。記録することが面倒だと思っても、それがあなた自身の大事な財産になるとしたら、大変でもやろうと思えるはず。あなたのマネージメントし、人生を大きく変える力になるメモ帳をもう1度見直せて、非常におすすめです。特に忘れ物が多い人に読んで欲しい内容になっています。

自分だけで作り上げても嬉しいが、
誰かと一緒に作り上げたほうが、質も感動も大きくなる。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事