時間を区切ることでやる気が出る

今日もやる気をサポートする
やる気プロデューサーの上田です。
今日も頑張っていきましょう!

本日は、やることがたくさんあって、どれからやっていいのか
わからないときって誰にでもあると思います。

それは、勉強であったり仕事であったり、
または両方かもしれませんね。

家の都合とかもそうですね。
とにかく、やることがあって、どれから手をつけていいのか
わからなくなるほど、詰まっているときって
結局だらだらしてしまって、1日が終わってみると
ぜんぜん終わってなかったってなりませんか?

それもそのはず、人は、たくさんあってひとつのことに集中できないときは
集中力が減り、作業が大雑把になり、違うことを常にはじめてしまうので
結果として、どれも終わっていないということになります。

このような状況を避けるためにいい方法があります。
それは、まずやるべきことを紙に書くことです。

書いてみて気がつくことがあります。
①「意外と少ないじゃん」
②「こんなにたくさんあるけど、今日中に終わりそうだ」
③「絶対に今日中に終わらない量だ!どうしよう」

おそらくこの3つのうちのどれかに入ると思います。

どのパターンでもいえることですが、
考え方を変えることで、作業がスムーズに進みます。

紙に書き出したことで、やるべきことが明確になったはずです。
ですので、その紙に書いてるものを今度は、どれがどれくらいの時間が
かかるのかを書いていくのです。
これはおおよそでかまいませんので、書いて下さい。

どうですか。やることが明確になり、
時間管理まで、できる表が出来上がったのではないでしょうか。

あとは、この表を見ながら、自分の現状に合わせて
ひとつずつ終わらせていくだけです。

書かないでやるときよりも効率は2倍も3倍も違う結果が出ると思います。

今回大事なことは、やることを頭の中で整理すると「やるべきことを整理する」ことまで、
やらなきゃいけないことに入ってしまいます。

それでは時間の効率が悪くなってしまいます。

脳の動きを1つ減らすため、紙に書き出すと、驚くほど効率が上がるということです。

そして、時間を書くことで、ひとつの作業に対して、
どれくらい時間を費やすことができるのかがわかります。

時間を区切ることで、集中力が増し、作業効率が数倍アップするのです。

やることが多いと悩んでいる人は、まずは紙に書くことから試してみてください。
頑張っていきましょう!

NEXT→ 潜在意識を高める

今週のおすすめ書籍

個人の収入を最大化するできる方法「働き方革命」が、この1冊につまっています。会社に勤めているとお金を稼ぐのは難しいことだと錯覚してしまいますが、この本に書かれてあるノウハウを実行することで「ゼロから3ヶ月で月100万円の収入を新たに得る」ことが可能になります。怪しい商材のような話ですが、どこでも買える書籍なので騙されたと思って読んでみると良いでしょう。きっと人生観が大きく変わることになります。

やる気とは直接関係ありませんが、収入がよくなることでやる気が出る人もいるはずです。全体的に見れば1番、人に勧めたい内容になっています。

どんなに優れた釣り竿でも、魚がいなければ釣ることは出来ない。
魚が欲しいなら、まずは魚を見つけることからはじめよう。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事